FC2ブログ
ついに最終巻!!
「卒業アルバムの時間」と同時発売の21巻。

色んなカラーの殺せんせーが一面に描かれていた
今までのカバーと違って、一瞬「先生どこ!?」と。
裏面の殺リバーシは結局、黒白どちらが勝ったのでしょか?
白でいーの?

ちなみに、今年の私の誕生日にはアニメ総集編の
劇場版が公開。見に行きたいけれど、
今年は娘と見る映画が色々あるんだよなぁ。無理か?

本編。
殺せんせーとの悲しいお別れから一夜明けて。
E組生徒達の心の傷は大きいけれど、
烏間&ビッチ・・・いや、イリーナ両先生の存在は
大きな支えでしょうね。この人達がいてくれて良かった。

本校の卒業式に参加した後、
無遠慮で強引なマスコミ連中からE組を守ってくれる、
A組の生徒達もまた素敵な存在。
色々あったけど、これで全部帳消しですね。
カルマと浅野は、ここから良き友情(?)を育むことでしょう。

179話と最終話は、7年後成長した彼らの話。
「卒業アルバムの時間」と合わせて読むと、更に面白いですね。
みんなそれぞれ“らしい”成長ぶりだけど、
やっぱり渚と茅野ちゃんにはくっついてて欲しかった。
茅野は諦めたような口ぶりだけど、
描かれてないどこかでまた道が繋がって欲しいですね。

その後の4話は番外編。これは蛇足というかなんというか。
面白い事は面白かったし、良い話ではあったけれど、
最終話の後に4回かけてジャンプ本誌でやるのは
なんか余韻がなぁ・・・って感じた掲載当時でした(^^;

さらにはもう1本。
「暗殺教室」の連載前に描いた、連載会議用の読切だそうな。
言っちゃ悪いけど、これ、ボツになって良かった(笑)
これ連載してたら、「暗殺教室」は無かったか、
あったとしても違うものになってただろうしね。

内容としても・・・うん、「暗殺教室」ほどの
ヒットにはならなかったかも?!
読切としては良いけれど、連載としては
世界観が奇妙奇天烈すぎるwww

さて、これで「暗殺教室」は全部おしまい。
あとがきで作者さんもおっしゃってる通り、
松井先生の思い描いていた最高のラストに
無事着地できたのではないかと思います。

「殺す」という行為は、絶対にしてはいけないこと。
「暗殺」という言葉は、確かに犯罪を意味している。

最初に新連載のタイトルが「暗殺教室」だと知った時、
中学生が暗殺者となるというのは
現実社会の中では絶対にあってはいけないことだし、
あり得ないことだと思いました。
そんな作品が描けるのか?と。

親の立場として、もし自分の子どもが暗殺者になったら、
ということまで含めて。

でも、読み進めるうちに、娘よりも夢中になっている
自分がいました。
渚達と同じ中学生である娘よりも熱心に、
渚達の立場に自分を置き換えて、殺せんせーを見守ってみたり。

そして、渚達が受験を通して進路を考える頃。
ウチの娘も彼らと同じ中学3年生となり、
私も受験生の子を持つ母となりました。

彼らがより良い着地点を描けるように。
我が子が最高とは言えなくても、満足できる道に進めるように。
一喜一憂しながら、殺せんせーや浅野理事長、
渚の母達と同じ視点で子ども達を見守ってきたつもりです。

子ども達に社会で生きる力を与えてくれるように、
親である私にも確かに何かを残してくれた。
そんな作品だったと思います。

松井先生、殺せんせー。
ありがとうございました。お疲れさま。
いつまでも好きと言える大事な大事な漫画がまたひとつ、
我が家の本棚に増えました。

暗殺教室 著者:松井優征
集英社・ジャンプコミックス・21巻は2016年7月発行
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
カバーは音駒の夜久クン。音駒カラーの真っ赤っか。
本編も、今回は丸々音駒が主役です。

東京都代表決定戦。
東京は学校数が多いからか?
日向達の住む宮城は代表が1校だけだけど、
東京は優勝・準優勝の2校が出られるのね。
あと、今回は開催地枠ってことで、もう1校。
合計3校も出られるんですか。多いな。

ってことで、まずは準決勝。vs梟谷。
一番好きなキャラはクロってくらいなので
もちろん音駒を一番応援しているのですが。
梟谷は赤葦クン。好きなキャラ5人には入るのよねぇ。
冷静で頭の良い子は大好物w

そんな2校。一緒に合宿やったりして仲良し、
お互いの手口もわかってるだけに、難しい相手。
一応、梟谷の方が実力は上って感じなのよね?
木兎も全国5本指に入るって位置づけらしいし。

・・・なのに、雑誌掲載時には
あっさり終わった感があったのを覚えてます。
烏野vs白鳥沢ほどじゃなくても、
もうちょっと長くても良かったのに(- -;)

つか、木兎、もちょっとショボくれてても良かったのに。

まぁ、そこは赤葦がスゴかったってことで。
研磨との頭脳戦?も楽しいけれど、
猛虎の妹ちゃんの解説が少々うるさくて・・・
もっと研磨を使うのもアリだったんじゃないか?

そして、後半は、3枠目を狙ってのvs戸美。
戸美、主将の大将(紛らわしい名前)以外
結局全く覚えられませんでした。名前も顔も。

コイツら性格悪いし、夜久クンはケガするし。
退場する夜久にかける、クロと海クンの言葉が良いですね。
不安要素を次々増やしながら、続きは次巻へ。

・・・カバー。戸美だったらテンション下がるな★

ハイキュー!! 著者:古舘春一
集英社・ジャンプコミックス・22巻は2016年7月発行
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
ブリももう73巻・・・73冊も買ってるのかワタシ。
カバーは何度目かの恋次(数えるのは面倒なのでパス)。
彼も、初登場時からだいぶ見た目の変わったひとりですね。
ずいぶんゴツくなった。

本編は、浦原vsナックルヴァール。恋次じゃないじゃんΣ
ナックルヴァールは苦手だなぁ。
浦原が好きっつーのもあるけど。
(いや、敵さん全体に苦手なんですが。まず見た目から)

浦原さんの卍解は・・・・・言っちゃなんだがイマイチ。
顔につぎはぎなんて残さないで欲しい。どうなんだろ?

続いて、でっかいの・・・なんだっけ?ヴァルキリー?
vs日番谷&白哉。なんだこの女子向けコンビは。
白哉が何気に日番谷のこと酷い扱いしてるし(笑)

と思ったら、剣ちゃんが来ちゃいました。ステキ。
ちょっとだけど一角(+弓親)も出てきて、ステキ。
剣ちゃん&ヴァルキリーの脳筋?どもに
ツッコミ入れる日番谷もステキ。頑張れ、シロちゃんw

唐突にやちるも登場。この子は一体なんだったんだ。
いっつもダラダラと長い解説喋るんだから、
やちるについてももっと説明してくれても良いと思う。
ここだけやけに不親切だよねぇ?

そして、剣ちゃんが力尽きたのに代わり・・・

誰だよッッッ!!!

な、日番谷のイメチェン(違います)。
何度見ても、髪型違いの一護かッて感じなのですが。
「この姿はあんまり好きじゃねえ」ってことは、
シロちゃん自体はお子様の姿がお気に入りってことですかね?

つか、ズボンの裾は短くなるのに(足が長くて)、
腰回りは弾け飛ばないんだなwww(Σオイ)

うん。やっぱりキミは小さい方がいい。
んで、白哉とのコンビ最高(笑)
乱菊さんには悪いけど、彼女とより良い。

最後の方は、やっと主人公vsラスボス。
プラス、副将vs副将と言ったところか?
しばらく敵方にいた石田だけど、
こっち側に戻ってきてくれて良かったですね。

織姫も、主人公を支えるヒロインらしくて良し。
けど、あんまり見せ場は無いんだよなぁ。

残り少ないページ数で、ようやく恋次も(ルキアと)登場。
アホだ、このふたり。
そして、とことん素敵だ、兄様&シロちゃん♪

最終ページには、すっかり忘れていた親父コンビも現れて、
次巻74巻で最終巻の予告。
終わるのか?本当に終わるのか?収録しきれるのか?

どこまでも広く広げた風呂敷は畳みきれるのか!?
疑問を感じながら、次巻を待て!ってことで。

ちなみにこの感想。
ジャンプ本誌最終回の直前に書いてます(^^;

BLEACH 著者:久保帯人
集英社・ジャンプコミックス・73巻は2016年7月発行
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
大ヒットの最中、未完となった本作を遺し、
2010年1月に旅立ってしまった戸部けいこ先生。
最終巻でネームだった部分を、同期デビューの友人・
河崎芽衣さんが完成品として仕上げた“完結編”です。

絵が入った状態で読めるのは、とても嬉しい。
絵の力ってすごいですね!

でも、やっぱり違う人の絵だなぁって感じてしまう。
「光とともに」の世界を忠実に再現してくださった
河崎先生には申し訳ないけれど、
当然ながら違和感はどこかにある訳で。
それが、改めて戸部先生はもういないんだな・・と。
読みながら泣きそうになりました。

あと、最終巻の感想でも書いたと思うのですが、
戸部先生、自分に残された時間が解ってたのかな?
もっともっと描きたいこと、訴えたいことが
あったんだと思う。
でも、それを全部描く時間が無くて、
一生懸命短く詰め込んだんじゃないだろうか?

ネームではなく漫画の状態になると、
ますますそんな風に見える、完結の仕方でした。
私ももっともっと読みたかったなぁ。
ウチの子もいよいよ、あと2ヶ月でハタチ。
“社会人”と呼ぶにはまだまだ色々足りず、
就職先も決まらずで、親は毎日ヤキモキしています。

きっと、光くんや幸子さんの
そんな未来も描きたかったのでは・・・。

我が子が発達障害とわかってからずっと、
先輩ママ&先輩自閉症児としてそこにいてくれた光くん家族。
年齢的にはとっくに追い越してしまったけれど、
今でも彼らは私の大事な先輩であり、お手本です。

河崎先生、もう一度光くん達に会わせてくれて
心から感謝致します。

そして、戸部先生。
素敵な漫画をありがとう。
これからもずっとずっと大好きです。

光とともに・・・〜自閉症児を抱えて〜
著者:原作/戸部けいこ 作画/河崎芽衣
秋田書店・別巻は2016年6月発行

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
祝!!4巻!!
天野洋一先生のコミックスで初めての4巻目ですよぉ〜!!!
感無量。まだ続いてますからね。5巻も出ますよね?
嬉しい。もっともっと続いて欲しいです。

前巻の過去編からの続き。
昔の仲間を陥れた元官僚に、詐欺を仕掛けるムジナ達。
ムジナ=匡はもちろんだけど、
新入り・丈も良い仕事してます。
匡はほんと良い仲間に恵まれましたよね。今も昔も。

気になるのは、クオンの方。
奥さん&子どもはどうなったのでしょ?
「俺に家族はいねぇ」ってハッキリ言ってるしね。
やはり悲しい過去が・・・!?

後半は新キャラ登場。謎の美女っつーか、
世界的に有名な怪盗の白鴉(ハクア)さんだそうな。
う〜ん、見た目はとってもステキなんだけど、
性格がちょっと苦手かなぁ?今のところ。

ところで、その魅惑のお胸は、特に落ちる時なんかは
バッチリ見えちゃいそうな気がするんですが???

アナノムジナ 著者:天野洋一
集英社・ジャンプコミックス・4巻は2016年6月発行

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ