FC2ブログ
あ、あれ?宿儺vs漏瑚が始まらなかった。。。
今週は伏黒恵vs伏黒(禪院)甚爾。丸ごと父子対決!!!

1対1の状況で伏黒が出したのは「脱兎」。
これ好きだなぁ〜ほんわか。(そんな状況じゃナイ)
ウサギちゃんの群れだよ〜すごい数。一体何匹?
以前の虎杖みたいに1匹抱っこしたいわね(小動物大好き♪)。
伏黒のそばには蝦蟇ちゃんも。

的確にウサギの間に突っ込んで突破してきた甚爾。
306ページ下のコマの伏黒がなんか変なポーズ(笑)
ウサギと共に走る伏黒、何やら作戦がある様子?

一方、渋谷料金所には仮設の診療所?が。
外に座ってるのはコレ、学長の呪骸たちか。
学長と硝子さんがいました。

あらら、硝子さんてばやめてたはずのタバコに手を出してるし。
これはやはり夏油(の体)のニュースを聞いたからか?
中で寝てるのは猪野くんと伊地知さんなのね。
伊地知さ〜〜〜ん(T_T)生きててくれて良かった〜〜〜!!!

あれ、でも、まだ新田ちゃんは来てないのか。
他にも補助監督が何人かサイドテールの呪詛師にやられたよね。
彼ら(彼女ら?)は全員完全に死亡?

話は変わるけど、以前の内通者探し、
東京校側は学長か硝子か?って予想もありましたよね。
この状況を見ると・・・どうなんでしょ。
この二人のどちらかっつー線はまだあるんでしょか?

とりあえず硝子さんの目の下のクマが酷い(^^;;;

場面戻って、父子対決。
甚爾の攻撃に、伏黒をギュンッと引っ張る蝦蟇ちゃんが可愛い。
大量のウサギの尻も♪動物のお尻って可愛いよねぇ〜♪(呑気)

硝子さんが渋谷に来てる=多少無理しても治してもらえる
ってのを念頭に、戦う場所を決める伏黒。
「恐らくコイツは真希さんの完成形だ」
そりゃそーだ、禪院の天与呪縛先代だし。

・・・と。
バトルの中で甚爾が何かを感じたようで。
甚爾と・・・これ、直毘人???
息子をダシに、金の交渉をする甚爾。クソだな。
でも、父は父なりに、子に術式があるなら(術師として)
禪院家で面倒見てもらうのもアリだろうと考えてたみたい?

「オマエ 名前は」
と、、、甚爾が喋った〜〜〜!!!
この状態じゃ喋れないのかと思ったよ!!!

不思議に思いながらも「伏黒」と答える息子。
「禪院じゃねぇのか」「よかったな」
甚爾だ!甚爾に戻ってる!!!
そして、自らの頭に武器を刺す甚爾。
“孫”の術式を甚爾の魂(意識)が上回ったってことですね?

息子の方はまだ全然理解できていないようですが、
後から直毘人が説明・・・・・・しなさそうだなぁ(="=)
けど、甚爾の方はこれが成長した自分の息子だと
ちゃんと認識できたようです。よかった・・・で合ってる・・よね?

・・・で、この場合、甚爾はどこまで記憶を持ってるのだろか。
自分が“伏黒”になって、星漿体の事件があって、
恵を五条に託したことは覚えているのだろか?
それとも、単純に息子が“禪院”じゃなくて“よかった”、
つまりその辺の記憶はほぼ無いorあやふやなんだろか?

個人的には、甚爾の記憶については前者で、
息子の理解については直毘人さんからでも何でもいいから
あれが父だと知る機会があってもいいかな?と思うのですが・・・
ここまでとはいかなくても、恵もまだまだ強くなれる、
いや強くなる可能性を感じますよね。

ところで、目次コメ。
あ、やっぱり漏瑚のセリフの指の本数はミスなのかw

そして今週も五条悟は不在・・・。

ジャンプ本誌感想は別日記にて。

週刊少年ジャンプ20年31号 集英社 2020年7月6日発売
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/7089-4f92e8c6