FC2ブログ
これだよ、このページ!!!
この猪野くんとナナミンが向かい合って座ってるとこ!!!
土曜日よりも前に、前回の感想か?と開いた某サイトさんで
この画像扱っていたの。
「ヤバイ!ネタバレ!?」とすぐに閉じちゃったけど。

一部地域でまた土曜日に発売されてたってのならわかるけど、
それよりも前に、しかも韓国語?らしき翻訳付きって、
つまり正当に入手する日本の読者より先ってことだよね?
どゆこと?腑に落ちない!!

ってことで、そのページから感想に突入しますけど。
どこかの店でさしで焼肉している猪野くんとナナミン。
なんだ、ナナミン、こういうお付き合いしてあげてるんじゃないの。
「準一級くらいすぐなれる」と言ってもらってる猪野くん。
見た目の軽さからじゃわからないけど(ゴメンw)、
実はそれなりの実力があるみたい。

ところで、この人は右利き?左利き?
(トング持つ手が左〜右)

その猪野くん。
「一級術師になっちゃうぞ」って、その言い方が軽いのよねw
きっとそのまんまの性格なのでしょう(笑)
“ニット帽かと思ったら目出し帽”も術式の為なのか。
顔を隠すことで自分が霊媒となって、
瑞獣を降ろすことができる降霊術だそうです。

瑞獣・・・ある意味伏黒の式神よりすごくない!?
なるほど、それを使いこなせているのなら
確かに十分な実力かもですよ。

婆ちゃんを抱えて避ける孫。
カイチを受ける際婆ちゃん放り出してるけどいいのか?
正座でコンクリに落ちるとかなり痛いと思うけどw

猪野くんの術を見て、「奇遇」だと言う婆と孫。
イタコだけにもしやこちらも降霊術!?

一方、腹巻親父を相手にしている伏黒&虎杖。
伏黒ってば、敵より虎杖に合わせるのが大変ですって(^^;
いいコンビに見えるけど、こういう共闘は初めてだっけ?

親父の攻撃を受けた虎杖、「無問題」ってwww
東堂とのコンビでも言ってなかったっけ?

玉犬(渾だよな?)の攻撃にも虎杖の拳でも
丸っ切りノーダメージの親父。upの笑顔がキモイ。
虎杖ってば伏黒に前回のセリフをつっこまれてるしw

場面戻って、猪野くんvsイタコ婆孫。
ブツブツと唱え続ける婆、「もうええぞ」と言われた孫が
何やらカプセルのようなものを飲み込むと・・・

「禪院甚爾」

ま、孫の顔がぁぁぁッッッ!!!
しかも、「伏黒」じゃなくて「禪院」ですよ。
津美紀の母と再婚する前ってことですよね?
恵はすでに生まれていた頃だろうか、それとももっと前?
とりあえず悟と戦うより前のパパ黒ですよね?

あ〜・・・やはりこちらも降霊術ですかぁ・・・イタコだもんな。
人を降ろすって、猪野くんの瑞獣とどちらが強いだろか。
比べる質(モノ)が違うって言ってしまえばそれまでだけど。

しっかし相手が「甚爾」だしなぁ・・・ヤバくね?
孫が飲み込んだのは何?生前の甚爾の血とか細胞とか?
もしそういうものを入手できるのだとしたら、
既に故人になった別のキャラが出てくる可能性も・・・

いや、脳みそ夏油の件もあるし、これ以上そう言う故人さんに
出てきて欲しくない気もします。
嬉しい再会なら良いけどね〜。
敵に姿と術式マネされるのって気分良くないな。うん。


ジャンプ本誌感想は別日記にて。

週刊少年ジャンプ20年12号 集英社 2020年2月17日発売
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/6930-d52a2060