FC2ブログ
月曜日が祝日なので、土曜日発売のジャンプ。
全部読んで全部感想書くのは無理なので、
とりあえず今イチ推しのじゅじゅちゅだけ♪
他は明日の特撮感想を挟んで月曜日の予定です。お待ちを。

さて、過去編11回目。
そろそろ年表が欲しい過去編です(自分で作れ)。

扉絵はパパ黒の背中。見れば見るほど、
回を重ねれば重ねるほど、私はあまり好みで無い。この人。
キャラとしても少々苛つくと言うか・・・
上手く表現できないんですが。
敵キャラとしては良い性格&強さなんだろうけど。

嫌いとは言ってないよ?
たぶん自分が親世代だからなのかもね。
若い頃だったら逆にお気に入りキャラになったかもしれん。
(昔から年上キャラ好き)

そんなパパ黒、さすが禪院出身とでも言いましょうか、
悟の見せた術式反転「赫」もしっかり解析してます。
その上で「問題なし」と悟とのバトルを続けますが、
心のどこかで発され続ける「違和感」。

最初、悟や悟の術に対してなのかと思ったけど、
そうでは無かったみたいですね。それはまた後で。

一方の悟クン。今号もおめめパッチリ素敵ですが、
バトル続きのせいかどうもイケメン度が下がってるような(笑)
もっとキラッキラに描いてくれ、下々先生www(ただの暴言)

いや、今のとこ全部カットで(笑)

空を飛びながら(違う)理子のことを考える悟。
あぁやはり彼女は本当に死んでるんだろか。
なんとか「あれは偽物では?」とか色々否定のタネを
探し続けた前号でしたが・・・無理か。
怒りのためでは無く純粋にバトルを楽しむ風な悟、
パパ黒の攻撃を避けると、放ったのは

虚式「(むらさき)」
・・・・・・はぁ。かっこいいとこなのにね。
今使ってるPCのテキストアプリだと、
漢字は出てきても保存ができないんですよ。
前もそうだったのすっかり忘れてたわ。泣くぞコラ。

気を取り直して。
悟の術を受けて、自分の内の違和感の正体を知るパパ黒。
普段なら「仕事」の範疇を超えたらとっとと退散するはずなのに、
悟とのバトルについつい乗ってしまった・・・と。
悟を否定することで、禪院から否定された自分を
肯定してやりたかった・・・と。

パパ黒、どんな子供時代だったんでしょうね?
今の禪院姉妹みたいに、いや1世代前なら
もっと当主や周囲の術師達からの風当たりが強く、
否定され続けた人生だったのでしょうか?

更なる過去編となると完全に虎杖達が忘れられちゃうので
そこは無理だと思いますが、
「パパ黒にも歴史あり」と言ったところなのかな。
パパ黒は苦手だけど、知りたい・読んでみたいとは思いました。

「その時点で負けていた」
過去を捨て、プライドを捨て、家族も何もかも捨て、
自分自身を貫いてきた男の最期・・・さいご?!

「最期に言い残すことはあるか?」
言葉をかける悟・・・うッうッ何それ。
数年後に親友にかける言葉と一緒じゃないか。

ってか、悟クン、まだ浮いてる?

「ねぇよ」と言いつつも、恵の今後を伝えるパパ黒。
そう、ここでワタクシ、年表欲しくなったんですよね(^^;
悟達、今が2年でしょ?恵が売られるの、2・3年後?
悟が恵を引き取りに行ったのも学生時代だよね?
傑がまだいたかどうかはわからんけど。
2・3年後???2年後だとギリ4年生か、悟。

あれ?あん時恵っていくつで、悟何年生だっけ?
手元に無いので確認できませんが。
早くコミックスになって確認させてくださいませ。

とりあえず、それが悟を恵のところに向かわせる理由
(のひとつ?)になり、繋がりとなったのですね。
これはこれである意味パパ黒の「親」としての
愛情だったのかしら?

じゃあ、お母さん(実の母と、津美紀さんの母)は?
確か悟は「子供達を残して両親が蒸発した」だか何だか
そんなことを恵に言ってましたよね。
パパ黒はこれで退場だとして、お母さんの方はどうした?

なんかよくわからんまま、今号はここまで。

あぁ・・・やっぱり最後までパパ黒にはイラッとしました。
赤ん坊を抱く顔なんて・・・いい顔してるじゃんか。
そんな人間性のカケラみたいなもの全然無かったら、
「良い悪役でした」で終わったのに。。。(T_T)
悟の中には何か残るものとかあったんですかね?
次号に続きます。

ジャンプ本誌感想は別日記にて。

週刊少年ジャンプ19年42号 集英社 2019年9月14日発売
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/6754-b377b678