今月は比較的早いスクエア感想。
まだ一昨日発売されたばかりだものね。
では、早速行きましょう。

表紙は「新テニプリ」。
主人公、最近全然姿を見ないよね。
未だにこの子が何考えてるのかよくわからん。
キャラ多過ぎて、長いことテニスしてない子も
結構いるだろうし。

巻頭は「とらぶる」。シリーズ10周年て長いですね。
一応最初から読んでるけれど、
女の子が増え過ぎて、こちらも元々のヒロインふたりが
さっぱり姿を見せないという・・・。

「モリアーティ」:新キャラふたり追加。
こういう“チーム”っていう感じは良いですね。
ただ、野郎がシーツ巻き付けた格好ってのはどうよ?(^^;

「双星」:安倍晴明が女の子・・・こりゃまた凄い設定。
繭良は10代目のご当主様!?頼りな〜い(笑)
紅緒の生家を訪れたろくろの前には・・・ポケモン?!
いや、妖怪ウォッチの妖怪か?
式神つーか、ほぼペットですねw

「大正処女」:やっぱり手書きの説明文があるんだよなぁ。
気になる。
そして、お風呂回!!何コレ、そっち系の需要と供給!?
こちょこちょシーンなんて、うわぁぁぁ照れる///
もちろん、その後のユヅ&珠彦も超照れ照れです。

「青エク」:え、アマイモン、そんな話あったっけ?
記憶に無いわ。ライトニングとは会わせてみたいですね。
何やらかすだろう、どっちも。

「セラフ」:弱っちいフェリドって新鮮かも(笑)
あらら、君月ってば血吸われちゃったし。
でも君月よりミカよりも、与一の方が心配です。

「プラチナ」:前回、咲が暗過ぎて可愛くないと
書きましたが、全部打ち明けてすっきりしたら、
別人みたいに変わりましたね!うん、面白くなってきた。
明日やルベル、ナッセ、それぞれの対応も良かったです。

「伝説の勇者」:あ〜、なんか直前で破談になりそうな予感。
いい子なんだけどね、彼女も勇者も。
彼女の気持ちは勇者の方を向いてないし、
勇者も自分の身分を隠してる訳だし。
これで連載終わるっていうなら「お互い隠し事があったのね」
でチャンチャン♪となるのだろうけど、
続くのなら、まぁダメになるよねぇきっと。

「クオリディア」:まぁ朱雀クンも仲間思いの
良い子だってことだよね。解り辛いけどw

読切「刀剣乱舞」:センターカラー。
・・・イメージと絵が全然違った!!(@д@;)
ゲームもこれは全く興味無いからよくわからんですが、
三日月宗近とか聞くと今はどうしても
WJの相撲漫画の方が頭に浮かんでしまいます(^^;

「新テニプリ」:負けたギリシャより日本の方がボロい。
次はvs開催国オーストラリア。
歌うんだ、真田クンwww

「この音」:全員の音が混じり合って・・・。
これはほんと漫画だってのが残念というか、
読みながら実際の音を聴いてみたいですね。
他の人達が驚き感動し心揺らす中、
当たり前の様な顔で見守るすずちゃん先生と晶が素敵。

「症年症女」:あ、「どうして12歳で必ず死ぬとわかる?」
は少年&少女にも謎だったんですね。一応スッキリ。
しかし、新キャラふたりは早いお別れだったわ。

「千早さん」:センターカラー。
女の子相手に「デーブ」はダメでしょ!!
累クン来てくれて良かったわ。
そして!!志真との仲はどうなる?どうなる!?
千早さんがここまで言ったんだから、あとは志真次第だよねw

「7thGARDEN」:レ、レヴィ・・・別人!怖ッ!!
と思ったら。
突然何が起こった?どういう話?どこの世界!?
マリア、イオラ、リズって名前だけは同じだけど、
全然違う世界?元々わかりにくい話ではあったけど、
ますますわかりにくくなった〜!

「コントラスト」:あら〜、白郎ってばマゾ!?(笑)
“お散歩”の最後、フラットも良い“先輩”になりましたね。
白郎が感動した分、フラットも救われてるといいな。
んで、「俺のコンスタンツェ」発言は
下手するとプロポーズにも聞こえるw

他はいつも通り、読んだり読まなかったり(^^:

次号は「双星」が表紙で、巻頭は何?巻頭も?
「るろ剣」の和月先生の読切もあるそうです。

ジャンプSQ.2016年11月号 集英社 2016年10月4日発売

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/5605-bfc19586