本当は9月分を書かなきゃいけない時期なのに・・・
っていうのは毎回のことですね、全くこのダメ人間は★

カバーは角又とその彼女理可子さん。
本編もほぼそのふたりのお話でした。

えぇ〜〜〜、角又こんな男だったのか(@@;)
14歳から一途に想い続けて・・・てのは凄いけど、
早熟っつーか手が早いっつーか。
今までの角又は、物静かにどこか遠いところから
みんなを見てるっていうイメージがあったから。

ちょっと意外。でも、一途はいいな。

けど、まさか!え!?まさか!!な展開。
親の過去を知らされた花や
大事な親友との再会を果たした安居もだけど、
こんな風に過去の自分と向き合い、
最愛の人から未来を託されるのは・・・

残された側にしたら、ほんまたまらんと思う。
いや、実際どちらが“残された側”なのかもわからんけど。

せつない、だけでは足りない。
哀しい、というのともどこか違う。
ほんまたまらん。
もどかし過ぎて、でももう何もできなくて。

そんな角又の姿を目にし、考えるあゆ。
彼女もだいぶ人間らしくなりました。
最初はものすご〜く苦手な子でしたが、
今はこの子の成長も嬉しい。幸せになって欲しい。

嵐とまつりは、周りをよく見てますね。
このふたりがいると、なんかちょっと安心。
困難も大丈夫な気がしてくるから、不思議ですよね。

そんな嵐が「すごい」と誉めるのが、蝉丸。
ナツとはますます仲良しになってるし、
頑張るナツの隣で、自分も!と必死に勇気を振り絞ってる。
ヒヤヒヤする場面は多いけれど、このふたりも
すっかり安心できるカップルになりました。
ナツが羨ましいよ(笑)いや、別に蝉丸はいらんけど。

ナツ&蝉丸の活躍により新たな道は拓けたものの、
一難去ってまた一難。
しかも、また・・・『またッ!!』花に!!!

この子は一体いつになったら安心できるのでしょ?
生きてるうちに嵐と顔見て再会してくれよぉ!

んで、ふと思ったのだけど、
角又は今後一生独身かしらね?!
いや、だって、女性の方が少ないし。
子持ちってそーゆーフラグじゃ・・・どうでもいいけど(^^;

7SEEDS 著者:田村由美
小学館・フラワーコミックスα・32巻は2016年8月発行

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/5597-70ebf0ff