娘、昨晩は昨日のうちに帰ってきました。
競技かるたの高校生全国大会個人戦。

そうです、つまり部員全員、
最後までは勝ち残れなかったと言う訳です(^^;

3年生の部長さんはさすがに良いとこまで
行ったそうなのですが、他は揃って初戦敗退。
ま、そう上手くはいかないわな。

でも、1回戦くらい勝って欲しかったなぁ。

気持ちを切り替えて、秋に色々大会参加目指しましょう。

表紙・巻頭は、前号に引き続き今回も「ワンピ」。
映画のキャラは興味無い。すみません。
本編はサンジの現在と過去。
いやん、ここも最低の家族(="=)
1〜4は四つ子なんですね。その中でひとりだけ落ちこぼれ。
いいじゃないの、それでルフィ達に出会えたのだから。
・・・なんて言ってられないですね、サンジの腕が〜!!

「ソーマ」:嫌がらせがほんと子どもだわ。呆れる。
というか、こんな嫌がらせをしなきゃ落第させられないって、
もうその時点で完全に負けてますよね、試験官の皆さん。

「ハイキュー!!」:今回は影山inユースの話。
森然の1年、前にも出てたのかな?覚えが無い(笑)
でも、いい奴。曲者達に絡まれまくる影山。
よく跳ぶ人はどっかで見たタイプの面倒臭さwww

一方、日向を最初に練習に誘った?のは、
意外にもツッキー。練習・・・する気だよね?違うのかな?
大丈夫か、ツッキー(笑)

「ヒロアカ」:センターカラー。
「すごいバカでも先生になれる!」wwwww
見つけた相澤先生は、この後どうするんだろう?
けど、そう言う意味では相澤先生とオールマイトは真逆かも。
体力馬鹿っぽいオールマイトに対し、
頭もかなり使ってそうなイレイザーヘッド♪

「ゆらぎ荘」:ラストから3ページ目。
某「とら◯る」読んでる錯覚に陥った(-д-;)

「火ノ丸」:日記冒頭のかるたの話に戻るけど、
やっぱり来年こそは団体戦にも・・・と思った全国大会。
まぁ今年の結果がアレじゃ、予選敗退は目に見えてるけど。

ってことで、こちらは3回戦。
取材のお姉さんが背後霊背負ってるみたいでコワイw
(3ページ目左上)
そして、堀さんの話。火ノ丸、廻し姿で電車・・・。
堀さんってば火ノ丸ヒロインに名乗り上げ!?
レイナ、頑張れ(笑)←最初はあんまり好きじゃなかったけど、
今はレイナとくっついたら面白いと思ってたり。

「ブラクロ」:センターカラー。
痛い。そしてもう一撃。
うん、こういう回はあまり書く事が無いです。
7巻と小説のカバーは素敵。買わないけど。

「ワートリ」:おいおい、千佳は梅雨ちゃんかwww
三者三様の作戦会議、解りやすそうで解りにくい★
生駒隊がこれで大活躍したら怖いわ。
そして、我が家は昨晩ナスとトマトのカレーでした。
(←要らん情報)

「鬼滅の刃」:善逸、寝ると強い子(^д^;
弱過ぎて強いって。一緒に居る正一君もついに思考放棄。
こうやって何だかんだ乗り越えちゃう、お得な子なのね。

「左門くん」:センターカラー。こんなお面いらん。
左門に断られて泣いてるアンリが可愛い。

「背すじピン!」:ひらりん、本当に大丈夫か?
咲本は余裕あり過ぎてキモチ悪い。苦手なタイプですわ。
ラストは、楽しそうに飛び出したツッチー&ワタリちゃん。
可愛くて良いですね(^_^)v

「トリコ」:後半特に何が何やら。
黒キモイの、アカシアの中身?キモイ〜。

「こち亀」:ロケ地とか聖地とか繁盛するのは良いけれど、
やっぱり迷惑かけちゃダメですよね。

「日常閻魔帳」:重いネタですね。いじめダメ!絶対!!

「斉木楠雄」:私も、とりあえず見えないものは信じない。
見えたらイヤだけど。←わがままw

「ニセコイ」:くっついた。やっぱり納得いかん。
最初から決まってたんだろうけど。次号は最終回かね?

「銀魂」:かっこいい。みんなかっこいいよ。
ってちょっと感動したのに。
マダオはどこまでもマダオだった・・・あ〜あ。
前号の感動を返せ。んで、主人公降臨。

「ブリ」:あらあら、藍染サマ(様なんか付けるの初めてかも)。
さしものユーハバッハも鏡花水月には引っかかったか。
今更ながら、藍染は悪人顔の方がイケメンだよね。
(旧隊長時の見た目は大嫌い)

「ものの歩」:う〜ん、やはり終わったかぁ。
最初は将棋が全然わからなくて「う〜ん?」だったけど、
割と気に入ってはいたんですよね。残念。

さて、その最終回。余計に疑問が湧きました。
どうしよう?コミックスで解決するのか、この疑問???

「何で僕を見るんだ、逆だろ!」

・・・・・・・・・逆!!!???

「あいつら男でしょ?」
「男が何着ようと自由じゃない」
というみなと嬢の発言を受けての“逆”ですよね???

それに、銀雅が入ってきた時のその顔。

香月サン、女の子!???

いや、それともそういう意味じゃないのだろか。
(自分じゃなくてみなとを見ろとか)

あと、竜胆クンってこんなトーン頭だったっけ?
違和感あって仕方ないんだけど。
十歩は普通のイケメン青年になったって感じ。素敵。
斑木クンは・・・よくわからん子だな。

歌川は、そういえば兄弟子なんでしたっけ?
師匠との絡みが無かった気がするから、忘れてました。
ここの兄弟関係(桂司の方)もどうなってるんだろ。

ともあれ、みなと嬢はめっちゃ可愛くて
これぞツンデレ!!って感じで、
それも含めてもうちょっと色々見たかったなぁと思う
最終回でした。単行本補完あるのか?どうしよう(= =;)

「磯兵衛」:城以外は荒れ地・・・シムシティとか
街づくりゲームみたいで楽しそうかも。
人が集まれば、だけど。

次号は新連載「約束のネバーランド」が表紙&巻頭。
知らない作者さん達だな。
っていうか、連載前から「衝撃のラストが」って、
長続きしてもしなくてもそのラストに辿り着けるのだろか。

んで、以降も新連載が他2本決まってますね。
ひとつは「ニセコイ」だとして、もう1本は?
「BLEACH」終われるの?それとも「H×H」枠?
もしここで「ブリ」が終わらないとしたら、
次の新連載シーズンまで続くってこと・・・ですかねぇ?

週刊少年ジャンプ16年34号 集英社 2016年7月25日発売
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/5529-c28e67b7