今日は七夕ですね。
7月7日といえば、私にとっては、
最初の猫“ねくろ”の誕生祝いをしていた日です。
(いつものごとく本当の誕生日はわからなかったですが。
そして、ウチの子記念日とは違います)

もし生きていたら、今年で29歳・・・って話をしたら、
ダンナや娘に「どんな化け猫?!」って言われました。
来年は猫飼い30年記念なんだなぁ・・・しみじみ。

では、スクエア感想行きましょう。

表紙は「青エク」と「双星」のコラボ。
燐が青い炎で、ろくろが赤ですね。
でも、燐が目立っていて(肩の上のクロ可愛い)、
つい先程までろくろに全く気付いていませんでした(笑)

巻頭も「青エク」。ほんっと志摩の立ち位置がわからん。
一体誰の味方なの?!目的は何?
完全な悪の側じゃないと思いたいのだけど。
藤堂が若返った〜。こいつ嫌い。

「双星」:破談にはならないのね。良かった良かった。
思ったより早く紅緒自身も立ち直って良かったです。
んで、ろくろがすっかり大人にwwwいやぁ、ごちそうさま♪

「双星」番外編:若き日の清弦〜〜〜若い〜〜〜www
やっぱかっこいいですよォ!!
これで妻子持ちじゃなけりゃめっちゃ好みなのに・・・チッ★

「伝説の勇者」:勇者・・・・・・・orz
やっぱり服のセンスはそんななのかいッΣ
まずは初めてのお友達に衣装選んでもらおうか(- -;)

「新テニプリ」:センターカラー。
大石ボロボロ。鼻血ってちゃんと止まる前に
コートに戻っても良いの?
ギリシャチームは全体的に“濃い”顔ばかりですが、
中学生兄弟、特に弟は全然中2に見えませんね。

「プラチナ」:少女Aやっぱ嫌い。
セーラー服、マジで着る気だったのか六階堂。
ルベルは変顔担当かw

読切「Real haunted HOUSE」:絵は好みじゃないけど、
話はなかなか良かったです。
そうだよね。どんなに辛いことがあっても、
死ぬのはまず精一杯生きてからだよね。

「この音」:センターカラー。
またまた珀音の顧問のお話。いい先生なんだろうけど、
涼ちゃんやチカ、さとわ達が好き過ぎて、
どうも素直にすごいと思えない。珀音、頼む負けてくれ(^^;

「千早さん」:千早にライバル登場!?志真くんってば★
ま、でもお姉さんの方が相手にしないか。
つか、名前は?今後の登場は?

「セラフ」:フェリドが語る、衝撃の事実。
え!?深夜や五士達はみんな死んで、蘇生した!?
深夜割と好きだからショック・・・って、そうじゃなくてΣ
それが人類が滅びる原因!?それが本当なら、
信じる云々を越えてグレンをどう見たらいいのか複雑。

「大正処女」:叔父さんとも再会。この人もいい人ですね。
美鳥の発見〜ユヅと再会!!が、なんとユヅは重傷でした。
助かるとは思うけど、かなり危険な状態っぽくて心配。

「7thGARDEN」:昔のアリス嬢の丸さが・・・。
千早さんと気が合いそうとか思ったり(笑)
アウィン&ヴィーデのピンチに、アシュリィ&マリー父登場。
アウィンの前で初めて本性?を現しました。
・・・ちびっ子コンビ(^^;

「症年症女」:少年が少女に突き落とされた!?
うわぁ・・・痛そう。首ねじ曲がってません?
つか、すごい長いエスカレーターだな。

「コントラスト」:そうだぞ、ふたりとも反省しろ。
自分の為のテストとかなら勝手にどうぞ、だけど、
観客に見せる為のステージですものね。
けど、黒乃は納得してないって・・・おいおい。
誉められることに慣れ過ぎて、
周りを見る事ができないタイプですかね?

「ヤミアバキ」:最終回はハッピーエンド。
闇子はもちろん、須川も頑張りました。
まぐさんの“元のカラダ”にはビックリ!!
お別れは残念ですが、最後の闇子の笑顔は嬉しいですね^ ^


他はいつも通り、読んだり読まなかったり(^^:

次号は「プラチナエンド」が表紙で、
巻頭は新連載「憂国のモリアーティ」。
ホームズの仇敵が主人公!?
モリアーティ・・・ざっくりとしか知りませんが。
漫画は「常守朱」の三好輝さん。きっとまたかっこいいのね。

他にもう1本、アニメのマンガ化で
「クオリディア・コード」という新連載もあります。
娘が見たがってるけど、相変わらず長野は
放送が無いんだよなぁ。ケーブル入る気にはならんし。

ジャンプSQ.2016年8月号 集英社 2016年7月4日発売

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/5511-1e62a59e