まだ残ってました、4月購入分の感想(^^;

なかなか友人帳の話が進まなくて、
ちょっともどかしいこの漫画ももう20巻です。長いね。

主人公達高校生組よりも名取や的場の大人組が好きなので、
今回一番楽しかったのは第八十話かも(笑)
(なぜ今巻には的場が出てこない〜!!)

的場はわかりやすい敵っぽさがあるんだけど、
名取って夏目に対してどうしたいのか、
どういうポジションになりたいのかが
まだわかりにくいんですよね。

今回(たぶん)初めて、名取自ら“友人帳”という単語を
口にしたと思うのですが、夏目を友人帳から解放したとして、
もし名取がそれを手にしたら実際どうするのかどうなるのか。

夏目と友人のつもりで、妖ともそこそこ友好的な名取だけど、
そこで何かが変わってしまったりはしないのか?
悪用が目に見える的場とは逆で、
何をしでかすかわからない危うさを感じてしまうのです。

「夏目友人帳」という話の中で、個人的に一番
信用できずにいるのは、実は名取なのかもしれません。

夏目友人帳 著者:緑川ゆき
白泉社・花とゆめコミックス・20巻は2016年4月発行

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/5451-38d10059