どんなに狭くても、どんなに窮屈でも、
何かしら物の上に乗りたいというのが猫の習性で。


ぐり箱1
乗ってみた。
全身で乗ってみた。
狭くて不安定だけど、乗ってみた。


ぐり箱2
ティッシュの箱。
潰れてるから。ぺしゃんこだから。


ぐり箱3
動かしてみたけど、
しっかりついてきたぐりたん。
さすがに下半身は落ちたけどw


ぐり箱?4
そんなぐりを何枚も撮ってたら、
間を黒と茶のもっふいのが通り過ぎた。
・・・どりちゃん、おジャマ。


ぐり箱5
それでもまだ乗っているぐりたんでした。


 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/5450-6e4c065d