そういえば娘、今日が中学生最後の1日ですよ。
ってことで、中学生料金のうちに2本はしごで見てきました。

これ、明日“高校生”になっちゃったら、
子供料金で買った前売りってどうなるだろ?詐欺?!

ま、それは置いといて。
時間が無いので、ちょこっとずつ。

まず、「暗殺教室」。
昨年の映画でも言った気がするけど、
二宮くんの殺せんせー&死神は違和感無いです。
雪村先生も、ふつーに可愛かった。
(髪型違うのは・・・ま、いっか)

逆に、茅野は原作だともっと線の細いイメージなので、
空飛ぶ直前とか足が・・・ふと・・・ご、ごめんなさい!!

律(橋本環奈)は、なんか顔変わりましたねぇ〜??
カルマは相変わらずかっこいい。
つか、相変わらずの菅田クンびいきでスミマセン(^^;
寺坂役の子も、原作以上に男前ですねw

キャラはとりあえずそんなとこかな?

話の方は・・・端折り過ぎ(^^;;;;;;;

(以下、盛大にネタバレ注意)

文化祭になぜかレッドアイエピソードぶち込んでくるし、
カルマと渚はいきなりタイマン勝負始めるし、
2代目死神は出てこないし、
渚と茅野のウフフシーンはただしただけの素通りだし、
ホウジョウは出てきただけの役立たずだったし。

せっかくの文化祭なのに、桃太郎ネタ全然活きてなかった気が。
これなら、変なミックスしないで、
(秋だってのは無視して)
修学旅行持ってきた方が良かった感じがする。

死神と雪村先生のエピソードに結構しっかり時間取ったのは、
そこそこ綺麗なシーンになっててニヤニヤしましたが。

あと、個人的に一番不満・・というか残念なのが、
ラストに点呼が無かったこと。
原作が描かれる前に作られただろうから
細かい演出の違いは仕方ないとしても、
点呼・・・・・・欲しかったなぁ・・・・・・。

続いて、「ちはやふる」。
これはすごく良かった!予想以上に良かった。
「暗殺」の後に見たのも正解でした。

もちろんこちらも、原作との細かい相違点は
あれこれあって違和感がゼロではありませんが、
うん、私としてはこれはいい感じにまとまってたと思う。

ちはや、可愛かったね〜。白目www
太一、ハンサム!!私、原作でも太一派なんだけど、
映画の太一も応援したくなるあの雰囲気がよく出てました。
肉まんくんとかなちゃんもそこそこ原作似ですが、
机くんだけはちょっと原作の顔を思い出せなくなりました(^^;

でも、一番ウケるのはやっぱヒョロくんwww素敵www

んで、明日から高校生になる娘も
いよいよこの世界に足を踏み入れる訳なんですが。

「運命戦とか、(見てて)めっちゃ疲れた〜〜〜!!!」
だそうで。かなり真剣に見てたっぽい(笑)
うん、それだけでも入学&入部前に見せて良かった。
だって、それを目標に受験勉強頑張ってきたんだものね。

学校&部活が始まったら、もう、なかなか一緒には
映画も行けなくなるかもしれませんが、
「下の句」も見に行きたいね。

そして、目指せ!近江神宮!!
目指せ!かるたクイーン!!
母の娘への期待と野望は、ますます膨れ上がるのでした(笑)

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/5407-f40ac2ba