日本人として初めて4大大会の決勝に挑んだ、
テニスの錦織圭選手。
今朝の決勝戦の結果は、準優勝でした。
残念でしたね〜。

実家の父がもう何十年もテニスをやっているので、
私も小学校の頃にラケット買ってもらって
ちょこっと挑戦しましたが・・・

才能無さ過ぎ(="=)

ホームランばかり連発するので、
そのうち父に連れていってもらえなくなりましたorz

あとは、高校だっけ?授業で少しやったような。
プレイの方はそんな程度です。
そして、ここは漫画ブログです(一応)。
今日はプレイの話ではありません。

テニスと言えば。
いや、テニス漫画と言えば。
錦織選手も愛読してるんですっけ?
ジャンプ(現在はスクエア連載中)の「テニスの王子様」。
漫画だけでなく、アニメにミュージカルに・・・と
その人気は幅広いですね。私も雑誌でずっと読んでます。

・・・が。
錦織選手のニュースを聞いて私が最初に思い出したのは、
「テニプリ」では無いのです。

それは・・・



「フィフティーン・ラブ」。
少年マガジンで大昔連載されていた、
塀内夏子(当時のPNは塀内真人)のテニス漫画です。

陸上部所属の中学生・ヒロ少年がテニスに転向し、
アメリカに渡って仲間や協力者、そしてライバルに出会い、
テニスプレイヤーとしても人間としても成長していくお話です。

塀内作品のキャラクターって、みんなどこか鼻につくというか、
妙に強気だったり自己チューっぽかったりわがままだったり、
一見“イヤな奴”なんですよね(笑)

この作品の登場人物達もそう。
ヒロもつい、余計なひと言を言った為に周りを傷つけたり
大事な人と仲違いしてしまったり。

でも、読み進めていくと、それは実は弱さの裏返しで、
自分を悪者に見せておきながら、心の中では
「今はわかってもらえなくてもいい、
いつか絶対成功してみせる」
そんな気持ちを持ち続けているという・・・。

追い込まれて、追い詰められて、どん底から這い上がる。
周りが敵だらけになってしまっても、
最後は絶対に勝ち上がる。

どん底編の間は読んでて結構キツいですけどね(^^;
誤解の連続で、こっちまでモヤモヤしてきたり。

でも、何十年経っても私の中では、
「フィフティーン・ラブ」が一番大好きなテニスものなんです。

んで、一番好きなキャラは、
ヒロのたぶん一生のライバルであろうデビーなんですよね。
この好みは当時も今も変わらない(笑)
主人公だろうと敵だろうと、こういうキャラが好きなんだよな。
好き過ぎてコスプレしたことも・・・ゴニョゴニョ☆

テレビのニュース見てたら、久し振りに読み返したくなりました。
ただ一つ、心残りというか悔しいのは、高校時代に
友達に貸したイメージアルバム(当時はまだLPレコード)を
ちょっと面倒くさがって学校に置いておいたら、
翌日盗まれて紛失したという・・・。

当時のイメージアルバムってたぶんそんなにたくさんは
市場に出回ってないんだろね。
買い直したくてその後探したけれど、結局見つからず。
あれ、もう一度聞きたいなぁ。
それくらい、今でも大好きな作品です(本も曲も)。

今回の報道で「フィフティーン・ラブ」を思い出した方、
どれくらいいるかなぁ。



 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/4773-38627afb