十色商事で働く、青木と緑川。
仕事よりも色にこだわる青木は、
常々赤・黄・桃色が足りないと感じていた。
そこに、赤木・枯枝・桃栗の3人が配属され・・・。


先月の新刊。
「7SEEDS」と「とらじ」の作者さんなんだけど、
タイトルがなんだかちょ〜っとアヤシイので(笑)
買おうかどうしようか迷いました。

んで、レビュー見たら、エッセイ?コメディ?
笑えるようなので、購入を決意。
実際に読んでみて・・・確かに笑えるw
元々ちょっと変わったとこのあるこの作者ですが
(「とらじ」とかでも目の付けどころが・・・ねw)、
やっぱ変わってるなぁ〜と。あ、褒め言葉ですよ?

青木・緑川が働く部署に、新たにやってきた赤木・枯枝・桃栗。
枯枝の“黄色”はかなり無理があると思いますが、
赤・青・黄・緑そしてピンクとくれば・・・

そうッ!私が毎週日曜にせっせと感想書いてるアレですよ(笑)
戦隊ヒーローッ!!!

ちなみに、彼らをまとめる部長さんは、黒仏(クロフツ)さん。
秘書課の美女は、NY帰りのホワイトさん。
もちろん、金・銀・銅も登場しますよ。

・・・ん?銅???(戦隊に銅なんていたっけ?)

「もやしもん」が菌、「テルマエ」がお風呂うんちくマンガなら、
これは“色”にこだわった色うんちくですね。
よくもまぁこれだけ出てくる出てくる!
私の世代には懐かしいあのキャラこのキャラも、次々登場します。
ダンナなんて、巻末の用語解説の方が面白い!とか言い出す始末。

まぁピンポイントで同世代だからねwww

んで、今回の作品は、続き物というより短い話がいっぱい。
1巻は(これからも?)16本収録されてます。
日常会話からどんどん色うんちくに脱線していき・・・
っていう展開です。

多少の差はあれど、どれもそこそこ面白い。
それに、「あ、確かに私も思ったことある!」ってのも。

特に笑えたのが、8話と14話。
8話は、青木と赤木が合コンを開いて・・・。
アホだわコイツらwww

14話は、食べ物ネタ。
ヨーグルトのフタ裏は、「ネタ募集」ってのがあるって
最近どこかで読みました。引き当ててみたいわ〜。

社員旅行や演目決めネタも面白いですね。
場所決めのオチなんて・・・www何度見ても吹き出すわw

最初は対抗意識か?言い争いに近かった青と赤が
だんだんと距離を縮めていくのも良いし、
自分を黄色だと認めたくなかった枯枝クンが
回を追うごとにどんどん感化されて
立派なキレンジャーになりそうなのも楽しみ♪

色ネタで飽きさせずにどこまで続くか気になるけど、
1話ごとにどんどんテンポも良くなってるので、
この調子で何巻か出して欲しいですね。

んで、レビューでも見かけ、ダンナもつぶやいた
読者誰もが感じる疑問w
お前ら、一体いつ仕事してるんだ!?

ネタが尽きるより先に、十色商事が潰れそう(^^;

イロメン-十人十色- 著者:田村由美
集英社 マーガレットコミックス 1巻は2014年4月発行

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/4623-49f63bd2