鹿児島市郊外、知的障害の人達が暮らすゆうかり学園。
みんなが寝静まった深夜の豚舎で、
一匹の母豚が出産を迎えようとしていました。
生まれた14匹の子豚達は、いっぱい乳を飲み、
いっぱいエサを食べ、やがて・・・・・・。


図書館で借りてきました。
19日の日記でもご紹介しましたが、
レビューとして改めて書き直したいと思います。
前回の日記を一部使い回してますが、
気付いても初めて読むような顔しててください(^^;

ぶたさんの絵本。というより写真集に近いです。

施設の残飯処理の為にぶたを飼い始め、
そこから本格的に養豚するようになった、
鹿児島市にある知的障害者の施設・ゆうかり学園。

ある年の母豚の出産から子豚の成長、
その子らが10ヶ月経って出荷され肉となり、
また母豚が出産するまでを写真と解説で追っています。

いきなりリアルな出産シーンからスタートです。
母豚からにゅるん!と出てくる赤ちゃん達。
まだ袋で包まれたままの子豚の写真もあり、結構生々しいです。

綺麗になって、乳を飲み始める子豚達。か〜わいい〜♪
コロンとした体型、顔も手足も寸詰まり(笑)
兄弟でじゃれ合ってる姿は、ほんと愛らしいですね。
並んで座ってるところなんてたまりません(//∀//)

が、この子豚達は可愛がる為に飼われている訳ではありません。
1ヶ月も経つと親から離され、離乳食から徐々に大人の食事へ。
近くの学校やお店から集められた残飯(中には豚肉まで!)
をエサに、やがては自分自身が肉として出荷される為に
子豚達は育てられていくのです。

眠そうなトロンとした目。
無邪気に餌を欲しがる顔。
泥んこになって遊ぶ姿。

そして10ヶ月後。
施設から“と場”に連れていかれ、
さっきまで生きていた豚が、
次のページでは肉となり吊るされた姿に。

首を落とされ、ズラリと吊るされたたくさんの肉。
解体され、私達が見慣れた状態の肉となり、
最後はウィンナー。
その過程も全部写真になっています。

私達の口にする物ほぼ全て(塩とか除いて)が
元は命あるものだったっていうのはわかってはいても、
普段はこんな風に生きている動物とお店に並ぶ肉を
結びつけて見ていないので、
改めて写真で見せられるとズ〜ン★と来ます。

昔、“牛から出てくる”“温めると鶏になる”と聞いて
牛乳や卵が食べられなくなった同級生達がいましたが、
特に小さいお子さん達にはちょっと衝撃的かも。
「命だったんだよ」と教えることは大事だけど、
タイミングには気をつけてね、大人達(^^;

そして、残さず全部、おいしく食べられることに感謝を。

やがて、ゆうかり学園の母豚はまた妊娠し、
新たな命が誕生します。
生まれたての子豚は・・・・・・やっぱり可愛いのです^ ^

ぶた にく 著者:写真・文/大西暢夫
幻冬社 2010年1月発行
【送料無料】ぶたにく [ 大西暢夫 ]

【送料無料】ぶたにく [ 大西暢夫 ]
価格:1,680円(税込、送料別)


 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/4072-f4dbb54c