これって今回金曜発売だった?土曜?
買ったのは土曜なんですが、土日は仕事で
月曜は通常のジャンプがあり、全然読めませんでした。
スクエアってついつい後回しになっちゃうのよね(^^;

では、感想行きます。

表紙は「新テニプリ」。
一見豪華メンバーだけど、なぜこのメンツなのか謎な人もw

巻頭は「トラブル」。あ、小学生対策で切り取ったまま
読んでないや。後で読みます。

「新テニプリ」:なんと!ブン太も交渉されていた!?
そこまでして遠野を陥れたかったようですが、
ブン太も木手もボロボロですよ(@@;)
たった一発の為にずいぶん痛い思いをしたよなぁ〜。

「あの花」:だんだんまとまってきた仲間達。
なのに、最後にそれを邪魔するのがめんまのお母さん!?
自分の子だけが死んで・・・っていう想いでもあるのかな?

「セラフ」:センターカラー。
シノアの性格がよくわからない。「紅」の銀子的な感じ?
鬼に立ち向かい幻覚から自力で戻った優一郎のことは、
さすがに認めるしかないみたいですね。
一方でミカエラは吸血鬼になって生きてた!?

「ロザリオ」:灰次=鴉天狗、ギンが人狼にへ〜んしんッ!
この2人、こんな妖怪だったんですねぇ。強ぇ〜。

「クレイモア」:ラキに話しかける元戦士の男ふたり。
ラキと話したことで彼らの行動も変わってくるのかな?
動く下半身から体が!!気持ち悪ぅ〜〜〜(>_<)

新連載「監視官常守朱」:センターカラー。
これってアニメのスピンオフなんですね。
「リボーン」の天野明がキャラ原案だそうで、
絵もよく似てます。少々こちらの方が硬い線に見えますが。

心理状態を数値化し、管理されるようになった時代。
優秀な成績で公安局に就職した朱が、
癖のある連中を部下に犯罪者を捕まえていく話・・・?
設定が面倒くさいというか、武器の説明とか多くて、
絵はかっこいいけど読み辛かったです。
慣れれば気にならなくなるかしら?

「この音」:センターカラー。
箏は・・・というか日本の楽器はやはり独特ですね。
リコーダーやピアノといった外国の楽器の方が
馴染みが深い私達には、楽譜ひとつでもかなり難易度高そう。
久遠の手作り箏に、鳳月さんも少し打ち解けてきたかしら?

「青エク」:白無垢の幽霊、怖いけどちょっと可愛いかもw
今までほぼ空気だった宝が、初めて仕事したーッ!
いや、こいつ名前さえ覚えてなかったもの。
うわぁ〜・・・口も性格も悪ぅ〜〜〜(^^;

「貧乏神が!」:センターカラー。
碇とかんなの過去話、続き。かんなの死因が判明。
両思いというか、お互い相手を本当に大事に思ってたのね。
花菱もなんか気の毒な境遇だと思う。

「魔女の時間」:裏格闘技場に挑戦。
乱太郎、使えねーッ!アホだわ。神寿まで参戦。強ぇーッ!
もげた綴の腕から生えたのは何!?

「テガミバチ」:ニッチ、すっぽんぽんΣ(@д@;)
あ〜あ、早く服回収しなきゃ。っとに恥じらいは無いのかw

「帝一の国」:センターカラー。
親の因縁を知り、悩む帝一と氷室。
氷室の決断を聞いてしまった帝一、ついに謀反を決意!
あらら、大丈夫かしら?美美子との関係も微妙ですね。

「あだしもの」:クロトゲ、喋った〜!
灰色の髪は友の証?じゃあクロトゲは友達?味方?
とりあえず悪者では無さそうですが、まだ謎ですね。

「ドリランド」:センターカラー。
元近衛部隊の兵士・パーン登場。結構強そうですね。
彼もパーティーに加わるのかしら?

「1/11」:幼いソラと四季の別れ。
ツヨシが四季であり、女の子だとどのタイミングで
ソラは気付いたのでしょう?
日記・・・は葬儀参列の後なんですよね?
ってことは、葬儀の時にはもう知っていた?
ソラがどんな気持ちだったのか等も気になるけど、
もしかしてSQに来る前のお話に載ってたのかしら。

んで、ここで第一部完。次回は来春からだそうです。

他はいつも通り、読んだり読まなかったりです(^^:
今月は「るろ剣」「Dグレ」「GATE7」がお休みでした。
さみし〜!!

次号は新連載「八重の桜」が巻頭。
来年の大河ドラマが原作?
我が家では珍しく見てる大河「平清盛」は
低視聴率で話題ですが、これはどうなるでしょうね。

ジャンプSQ.2012年12月号 集英社 2012年11月2日発売

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/3985-f0241e90