烏野高校バレー部に、部活禁止を喰らっていた
2年の守護神・西谷(ニシノヤ)が戻ってきた!
喜ぶ1年生の日向(ヒナタ)だが、西谷休部の影には
何やら事情と姿を見せないエースの存在が?
一方、かつての名監督の孫にコーチを頼もうと必死な
顧問・武田は、合宿最終日に昔から因縁のある
相手校との練習試合を取り付けて・・・。


先月の新刊。
今時珍しいさわやかさ&テンポの良さで、
すっかり夢中になってるバレーボール漫画の3巻です。
ジャンプでも好評みたいで、毎週掲載順は前の方だし、
カラー率も高いし。やっぱり面白いですよね〜♪

バレーの守護神とも言えるリベロ・西谷の復帰で、
ますます盛り上がる日向達。
が、試合での不調を引きずり部活から遠退いている
東峰(アズマネ)が気にかかり、スッキリしない様子。
そんな西谷が気になる日向&影山、そして3年生部員達は、
次々東峰の元を訪れ部に戻るよう説得します。

・・・東峰、心理面弱過ぎッΣ

団体競技なんだし、一人の責任じゃないよね。
周りは誰も彼を責めず、逆にエースとして認めてるんだもの。
「全部俺ひとりでやれればいいのに」との名言(日向・談w)
を残した影山といい勝負かも。いや、対極なのか?

ところがそんな中、バレー初心者ながらも顧問を務める
武田先生が、ビッグな練習試合を取り付けてきました。
昔からのライバル校、「ネコ」こと東京の音駒高校です。
先生、グッジョブ(^_^)b

それを聞き、俄然張り切る日向達。
元監督の孫でコーチの依頼を断り続けてきた烏養も、
思わず身を乗り出しちゃいました。
さらには、バレー部の様子が気になってきた東峰も・・・。

ひとり、またひとりと揃いつつある烏野高校バレー部。
徐々にまとまっていく感じがとてもいいですね。
バレーの迫力や練習風景も良いけれど、
ちょくちょく出てくる笑えるシーンや
日向の一生懸命っぷりが微笑ましくて大好きです。

ハイキュー!! 著者:古舘春一
集英社 ジャンプコミックス 3巻は2012年10月発行

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/3979-2f0eb1be