争う善と悪の神々の仲裁役に選ばれ、
“気”“火”“水”“土”の4つの仮面を持つ14歳の少年・アモス。
悲しい初恋を経験し、ベリオンに戻ってきた
アモスを待っていたのは、母と国王ジュノスの結婚だった。
ところが、町にお祭りムードの溢れる中、
仲間のひとり・ロリアが突然行方不明となり・・・!


図書館で借りました。
世界を巡り争う善と悪の神々を治めるため、
白い貴婦人に選ばれた少年アモスと、
彼と共に旅を続ける仲間達のお話です。

9巻はまず、アモスの母とジュノスの結婚式から。
おめでたいですね〜♪
さすが国王の結婚式!町をあげての大騒ぎ。
夫を殺されてから不幸な目に遭ってきたアモスのお母さん。
今度こそ幸せになれるといいですね。

が、お祝いムードもそこそこに、早速事件が起こります。
旅の仲間でありアモスを慕うロリアが、
アモスから預かった短剣を狙う連中に攫われてしまいます。

追いかけるアモス・熊に変身できるベオリオ・
ゴルゴン族の少女メドゥーサは、
無事ロリアを見つけ攫った連中から事情を聞くと、
そのまま彼らについていくことに。
なんと!地獄に繋がる門を開けるのだそうな!

地獄と聞くと恐ろしい場所を想像しますよね。
確かに7巻に出てきた地獄もかなり恐ろしそうなところ。
でも、アモスがこれから立ち向かう戦いにとっては
役に立ちそうな場所でもあるんですよね。

そこでアモスが頼ったのが、2巻で出てきた死者の国の住人で
昔アモスと同じ“仮面を持つ者”だった、エルフのアルキオン。
待ってました〜、パチパチパチ♪
私、アルキオン好きなのよん(*^o^*)
さすがに現世に戻ってくることは無さそうだけど、
協力者としてもっともっと登場して欲しいですね。

大事な友人だったはずのバルテレミーが敵になり、
世界を手に入れる為“黄金の羊毛”なる物を探していると知り、
アモスは新たな旅に出ることに。なんとも慌ただしいです。
女神にそそのかされ、すっかり悪人なバルテレミー。
アモス達は止めることができるのでしょうか?心配です。

アモス・ダラゴン9 黄金の羊毛 著者:ブリアン・ペロー
監訳/高野優 訳/橘明美 絵/HACCAN
竹書房 2006年12月発行

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/3973-dbbbe8b0