昨日の昼頃、小学校から一斉メールが届きました。
学区内でイノシシの目撃情報が寄せられたとか!

先週は隣の学区付近(子供達の卒園した保育園の近く)で
クマが出現、ニュースになるほどの大捕り物も!
今朝も、クマが稲穂を食べてるのが目撃されたって
全国ニュースで流れてたっけ。

一応ね、我が家周辺は長野駅に徒歩で行き来できる範囲で、
住宅街で車もビュンビュン通ってて。
長野とはいえ、決して山が近い訳ではないんですよ。

なのに、こうも相次いでクマだのイノシシだのって・・・。
どんな田舎!?って思われそう(- -;)

こんな市街地に迷い込むほど遠出してくるなんて、
山にエサが少ないってことなんでしょうか?
それとも住める場所が狭まっている?

見つかれば、大抵射殺ですよ。
危険なのはわかるけど、かわいそうですよね。

長野に限らず世界中どこでもそう。
動物達の生活圏がどんどん人の住む場所に近付いて、
結局は事故だの射殺だのかわいそうな結果を招く。

人間の側だって、ケガしたり家や作物を荒らされたり、
色んな被害を受けている。

人間と動物、両方が暮らしやすく・・・ってのは
そんなに難しいことなのかなぁ。

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/3961-bf56cb41