FC2ブログ
お琴・十七絃・尺八・三味線などの和楽器に、
胡弓・ベースが加わったコンサート。
ダンナが招待券を持ち帰ったので観てきました。

第一部は、和楽器の紹介を合間に挟みながらのコンサート。
お正月の定番曲「春の海」で幕開け、ダイナミックな編曲で
お正月ののほほんとした雰囲気とは少し違いました。
「展覧会の絵」「おもちゃの兵隊のマーチ」など
お琴の音色を楽しんだ後、12人の尺八と十七絃3人、
ベースギターがゲスト出演した「サムライ」という
いかにも「和」な長めの曲が。
うーん、序盤の淡々とした雰囲気はちと苦手だな(^^;

続いて第二部は、作家・志茂田景樹氏による
志茂田氏の絵本作品「ぽんちとちりん」の読み聞かせ。
バックにお琴&尺八の生演奏付き。
ナマ志茂田景樹、初めて見ましたよ!
今日もバッチリ奇抜かつカラフルな衣装です。

が、読み聞かせとなると、さすが!!としか言い様がない。
この方、上手いですよ!
時々身ぶりも加えながら、かなり滑らかな語り口で
とても聞きやすかったです。

第三部は、解説無しのコンサート。
おちゃめな歌詞の「もったいないよ」という曲に始まり、
瞽女唄(ごぜうた)や虚無僧も登場。
ファンタジー・メロディーと題してドラクエやラピュタのテーマが、
ノスタルジア・メロディーでは「今日最終回を迎えたNHKドラマ」と
ナレーションが入り「赤いスイートピー」等が演奏されました。

また、ビートルズメドレーでは、「オブラディ・オブラダ」や
「イエロー・サブマリン」などがお琴と十七絃で演奏され、
特に「ヘイジュード」は迫力満点でビックリしました。

最後は「桜」と題して「さくらさくら」の他、
タイトルが「さくら」な曲が3曲かな?演奏されました。
お琴だけで12人、さらに十七絃が4人、三味線2人に
尺八が7人と大人数で、これまたものすごい迫力でした。

終わりかな?と思われたところで、プログラムにないオマケが!
イントロ聞いてついニヤリ。
なんと「水戸黄門」と「羞恥心」でした(笑)
何の曲か気付いたお客さんの反応に、演奏者の皆さんも
舞台上でニヤリとしてたのが楽しかったです。

和楽器とロックや話題曲の組み合わせも面白いですね。
帰宅した娘が「三味線やってみたい!」とか言ってるけど、
アンタ、そう言うのはいくつめだい(--;)

ブログランキングバナー

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/1872-6d01b600