「お帰り・・・ボク・・・」
メダルをすっかり吸い出されてしまったアンク!

と思ったら、え?メダルが足りない?!
ギュッと手を握りしめている比奈、その手の中に?
アンクの腕を掴んでいた時に1枚渡されていたようです。

自らプトティラに変身する映司。
「まだ消えてない、アンクの気配はある」

ひとりクスクシエに残っていた知世子。
奥から出てきたのはアンク?・・・いや、
「はじめまして。比奈の兄の泉信吾です」
あれ?普通にご挨拶?驚いてるのは知世子さんの方。
案外普通に状況受け入れてるというか、
もしかして信吾は今までの経緯に気付いてる?

アンクvsオーズ、けどあんまりオーズの攻撃が効いてないみたい。
が、アンクの方も腕に違和感があるようです。
それに気付いてアンクは逃げました。
まだアンクの気配が残っていると聞き、比奈もホッとした感じ?

クスクシエに戻ると、そこはギリシャ!
じゃなくて、比奈に大事な客?それは兄・信吾でした。
嬉しそうに駆け寄る比奈。よかったね~。
でも、やっぱり信吾にはアンクの記憶が伝わっていたそうです。

「映司くん、これからは俺も戦いに協力させてくれないか?」
申し出た信吾、まずはアンクの代わりにメダルを投げる練習(^_^;
が、投げるのはめっちゃ下手www
なんか今まで聞いたことないようなコンボ名も試してるしw

その様子をモニター越しに見ている鴻上氏・里中嬢・後藤さん。
珍しく何やら深刻な顔をしてますね、鴻上氏。

まだ腕が馴染んでいないアンクの元には真木がやってきました。
氷からヤミーを生み出して・・・って何の欲望?

比奈の家で信吾と共に食事をする映司。
仲良し兄妹を目の前に、比奈達は日常に戻るべきではないかと
悩んでいるようです。
え?ふたりに近付かないって決意はともかく、
クスクシエまで出ちゃうの?

アンクの気配を感じ、早朝の街を歩く映司。
そこにちゃ~んと後藤さんも登場。
「お前を死なせたら伊達さんに怒られる」
きゃ~♪男の友情ってやつですね~w(オイΣ)
アンクを助けに行く映司と、映司を助けると言う後藤さん。
あれ、里中譲はさすがにこんな時間には来ない?(^^;

もうすぐ気配の先に辿り着くというところで、ヤミーの通せんぼ。
これってどういうヤミー?
オーズ・・・メダル選びに苦労してメダルばらまいてるよ。
サポート無しじゃ戦えないなんて・・・アンクは大事よねぇ。

バースがヤミーと戦っている間に、アンクを探しに行く映司。
おいおい、ちゃんとメダルは回収したか?
彼の前に現れたのは真木。映司の中のメダルを狙ってるようです。

あぁぁ・・・とりあえずアンク顔な「刑事さん」はなんか変~。
口も態度も悪いアンクに慣れきってたので、
にこやか~に笑うのが気色悪いです。映司もそんな気分!?

 にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/143-d440dfcc