FC2ブログ
娘と先日購入したDVD3枚のうちの1枚。
これは娘が選んだ映画です。
大学の授業で観て気に入ったんだって。
私は、大昔に父がTVで観ていたのを一部見たくらい。
内容は大体知ってたけど、改めて全編観ると…

だいぶ思ってたのと違う(笑)
これまた昔に見た予告の印象とも、
父の後ろから眺めていた場面とも。
こんな時代背景とストーリーだったんですねぇ(^^;

もっとモノクロに近いイメージがあったから、
現代の(と言っても30年位前だけど)アメリカの高級住宅街?で、
家も車も洋服もめっちゃカラフル!!!
私の中の印象は全然あてにならん。

映画の説明はいらないかな?有名ですもんね。
ご存知ジョニデ主演の、手がハサミの青年
(特典映像の字幕は少年になってた!)が街にやってきて
人々と触れ合ったり女の子と恋に落ちたりする切ない物語。

以下、ネタバレありますので未視聴の方はご注意を。




ジョニデ、若い!(当たり前)
特に特典映像のインタビューとか、誰これ〜ッ!?
って娘と二人で叫ぶくらいに若い(笑)

シザーハンズことエドワードは、無口で純粋でキュートな人造人間。
口の端をちょっと持ち上げて笑うのがとても可愛い。
「パイレーツオブカリビアン」のジャック・スパロウは
ニヤッって感じの笑い方ですけど、エドワードははにかんだ感じ。
いや〜ジョニデもこんな可愛い頃があったんですねぇw

エドワードを街に連れてくる女性ペグはヒロインの母。
この人(と夫と息子)の順応性ってどうなってるの!?
最初の食事で食器や食品が掴めず奮闘するエドワードにクスリw

ご近所の女性陣は皆やかましい(^^;
誘惑しといて「襲われた」と周囲に触れ込む色気オババにムカッ(−_−#)
ヒロインの彼氏もとんでもない男ですね。
まぁ最後まで真実を話さなかったヒロインもちょっと…ですが。
ほぼほぼ誤解で話が進んでいくので、
事情を知るこっちとしてはムカつく場面も多いです。

それでも警官とか心理学者?とか優しい人はいて、
少しだけ救いになってます。
ラストは最近の言葉で言うところのメリバ(メリーバッドエンド)
っていうやつなのでしょーか?
明確な基準がわかりませんが。

そして、今回は英語+日本語字幕で観ましたが、
吹き替え版はジョニデの声が今は亡き塩沢兼人さん!!!
好きですッ!めっちゃ好きな声優さんです。
J9・ブライガーファンの私にとっては主人公キッドの声。
皆さんご存知のところでは…北斗の拳のレイとか?

これは吹き替えも見なくては!
でも、ジョニデの役ってセリフが少ないんですよねぇ(^^;



 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト