表紙は「とらぶる」。
ついに完結ってことで、開くと倍になる大きい表紙。

巻頭は「この音」。
さとわ、実家に戻ったのですね。良かった良かった♪
晶ともすっかり打ち解けて。
ふたりともやわらかな表情がとても可愛いです。

でも、可愛いと言えばやっぱり来栖サン!!
何、このいじらしさ、もどかしさ!
倉田がどう受け止めるのか、めっちゃドキドキします。
ハッピーエンドになりますように。

「セラフ」:真昼ってシノアの姉だよね?
先の小説読んでないから、漫画の中で語られた部分しか
知りませんが、イメージが全然違ってた。
美人だけど冷たい感じがするなぁ。

「怪物事変」:センターカラー。
また子どもが増えた。+警察の怖いオバサン。
なんなの、この人・・・じゃねぇや、怪物達。性格悪ッ!!
夏羽も首落とされるわ、投げられるわ(- -;)
なのに、つい笑ってしまう自分の神経も疑う。
怖くはないんだよなぁ、むしろちぃ〜っとコメディ?!

「青エク」:しえみの謎が気になります。
前にお母さんと何かあったよね?しえみが祓魔師になれない理由。
勝呂により、奥村兄弟の育て親がアザゼルのクローンと判明!
え、マジで!?本人はそのこと知ってたんか?

しっかし、シロウ・ゴロウ・ロクロウ等の漢字がすごいわ(笑)

「とらぶる」:なんと!最終回!!
リトは春菜と両想い!!・・はいいけど、「ダークネス」は
モモ達がメインって感じで、春菜はともかく
ララはめっちゃ空気で存在感無かったなぁ〜と。
表紙の真ん中にいても華がないし。

んで、転んだだけでどうやったら服を全部
脱がせられるのか、最後まで謎(^^;

「双星」:センターカラー。
女の戦い、コワッ!!
繭良は姓が音海から天若に変わったのね。白虎(仮)ってwww
ろくろの女性観がいいなと思いました。

「千早さん」:バレンタインネタ。
千早が意外と自分で食べたがってないとか(笑)
岸辺さんと累くんはフラグ立つのかしら?
んで、ウチの娘はなぜか2月ではなく
3月14日(休校だった)にチョコ作ってました。

「BLACK TORCH」:小娘、もとい一華嬢は一体何歳?
う〜ん、やっぱちょっとだけ「怪物事変」と
カブってる気がするんだよなぁ。上司の雰囲気とか。

「大正処女」:ラブラブ♪♪♪
と書きたいとこだけど。
珠彦の父の変化、あれ、絶対悪い方だよね。
珠彦を跡取りに迎える為にユヅに別れを迫ったとか。

けど、物語の中ではもう3年も経つのか〜。早い!!

「モリアーティ」:センターカラー。
すっかりこっちの二人が主人公みたいだ(笑)
モリアーティ達出てこなかったし。
私はまぁ、ホームズの方が好みなんだけど。たぶん。

「プラチナ」:ハジメが気色悪いのは変わらないけど、
人の心が理解できるようになったのは良い事かも。
敵側は、ポリマンを含めて4人。変なのがまた増えました。
ミライ側も、ハジメを入れてギリ4人。さて、どうなる!?

「新テニプリ」:センターカラー。
これじゃ金太郎が負けるフラグっぽいじゃないか。
豪州側の変わり身の早さがなんかイヤ。

「勇者」:ユーリ・・・勇者だ!じゃなくて、
婚活相手だ!!なのね。イマイチ決まらないなぁ(笑)

「症年症女」:こちらも最終回。・・・ではないらしい。
もう1話あるのか。うん、やっぱ合わない。
つか、面白さがわからない。スミマセン。

「7thGARDEN」:・・・・・・は!?
今回、話が少々ダイジェストっぽくなってると思ったら、
次回からHPでの連載ですって!?
設定が複雑になってきて世界もどんどん広がって
読み辛いと感じてたから、人気も落ち気味だったのかしら?

でも、なんでもかんでも「続きはwebで」になっちゃうのは、
面倒だしイヤだなぁ。第1部とかでもいいから、
ある程度しっかり完結して欲しかったです。


他はいつも通り、読んだり読まなかったり(^^:

次号は、表紙が「セラフ」で、巻頭は「BLACK TORCH」。
連載終わった「とらぶる」と映画が公開の「帝一」の
番外編も載るそうです。

「帝一」、映画行きます。初日に休み取ります。
前売りは・・・めんこは微妙なのでどうしようかと(^^;


ジャンプSQ.2017年4月号 集英社 2016年3月4日発売

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト