牛魔王の蘇生実験を阻止する為、
西に向かって旅を続ける三蔵一行。
もう一人の“三蔵”紗烙(シャラク)が守る
西域の村に立ち寄った彼らだが、
紗烙の経文を狙う妖怪達が次々と襲撃し・・・。


今月の新刊。忘れた頃に続きが出るので、
前回どんなだったか読み直す必要が・・・。
でも、まぁ、作者さんの体調不良は周知の事なので、
続いている事が一番の喜びですかね^ ^

ところで、若かりしお師匠様の話の続きは?

ってことで、なんで紗烙のところにいるのかが
まずわかりませんでした。1巻読み直し(^^;
5つある経文の保持者のうち、ひとりは砂漠で喰われ、
ひとり(光明)は死んでそのまま経文を持ち去られ。
さらにひとりは、敵となって三蔵一行の前に現れ。

残ったひとつの持ち主は、なんと女性でした!!

玄奘三蔵をそのまま女性にしたような・・・
ってほどではないけれど、結構たくましくて男前ねw

従者・・・というより相方って言っていいんじゃないの?
・・・な、波珊(ハッサン)との微妙な関係が気になる。
波珊、苦労してますねwww

そんな波珊が悟空と話す場面が良かったです。
悟空、大人になったなぁ〜(しみじみ)。
というか、周りをよく見てるし、感じてる。
三蔵を思いやる心がひしひしと伝わってきます。

羽を休める・・・間も無くまた戦う一行ですが、
そんな中悟浄の身体に異変が現れ、八戒だけが気付きます。
そうだよなぁ〜、彼らだって妖怪なんだよなぁ。
そのことが、彼らが今まで築き上げてきたものを
壊してしまわなければ良いのですが・・・。

ま、その度に何度も積み直してきた絆だもの。
なんとかなりますかね?ね?

敵側にも大きな変化の時が訪れました。
なかなか成果を上げられず、三蔵一行に負け続けの紅孩児達。
追い詰められた彼らがとった計画が、
逆に彼らを追い詰め・・・。

えうえうッ、大丈夫でしょうか紅孩児!?
もう2度と立ち直れないんじゃ・・・。
つか、自暴自棄になりそうでコワイわ。

そして、そして。
とうとう降臨しましたよ、ナタク太子!!
(ウチのPCじゃ漢字変換出てこない★口へんに那と宅です)
前巻で目覚めた後行方をくらましましたが、
悟空の前に姿を現し・・・でも、お互い覚えてないのね?

紅孩児もだけど、ナタクも話を引っ掻き回しそう。
だいぶ目的地に近付いて佳境に入っただろうに、
三蔵達の旅はどうなってしまうのでしょうか(^^;

最遊記RELOAD BLAST 著者:峰倉かずや
一迅社 ゼロサムコミックス 2014年7月発行

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

アイシアの極楽ねこカレンダーフォトコンテスト、参戦中!
フォトコンテスト
↑ぜひ1票ポチリ♪とお願い致しますm(=^x^=)m
スポンサーサイト