「ボンゴレ9代目直属独立暗殺部隊ヴァリアーは
 ボンゴレの旗の下
 ボンゴレリングを所持する者共を援護する!!」

獄寺達のピンチに颯爽と現れた、XANXUS率いるヴァリアー。
うっきゃー、ボスかっこいい

「しししっ」「シャーッ」
睨み合う嵐ミンクと瓜が可愛い過ぎる♪

スクアーロがやられたと聞いたボス達、
「ハッ、死んだか」
「ハッ、死んだか」
レヴィ、てめーが真似るなぁーッ
ルッス姐もベルもなんて心温まる反応(←真逆★)
そんなヴァリアーが大好きですw

獄寺の助言も聞かず、ベスターに攻撃させるXANXUS。
ツナも獄寺の報告でヴァリアー到着を知りました。
「奴の強さはお前が一番知ってるはずだ。心強い援軍だな」
そうでしょ、そうでしょ♪リボーンも認める彼らの強さ。
ルッス姐のクジャクも素晴らしい輝きです。

その時、湖の方から凄まじい爆発が!
そちらには笹川兄・バジル・太猿・野猿、
それにランボがいるそうです。

爆発の正体は桔梗との交戦。
相変わらず余裕を見せる桔梗に対し、ボンゴレ勢はけが人だらけ。
しかも、おチビのランボはお荷物?!
太猿の心配は当然といえば当然ですよね。
チビランボが実際に戦ってるところなんて見た事ないし。
第一いつもふざけてばかりだし。

けれど、リボーンの考えは違いました。
「ランボはアホでウザイチビだが、
 リングを継承したれっきとしたボンゴレの守護者だ」
おーい、前半かなり酷いこと言ってるぞー(^_^;
「選ばれたことには意味があるんだ」
さらにはユニまで、
「ランボちゃんの力が必要だと思います」

桔梗の恐竜タイプの匣兵器に追われ、ピンチのランボ。
笹川兄は、リボーンに教わった「スイッチ」なる言葉を叫びました。

「どうしたランボ!!沢田のママンに会いたくないのか!!?」

ランボのスイッチは、元の世界のママン!?
奈々さんってばすごいなぁ。みんなのママン、実は最強?(笑)
「ママンに会いたいー!!!」
匣兵器「牛丼」を呼び出し形態変化させたランボ。
(それにしても「牛丼」ってネーミングは可愛くておマヌケ過ぎw)
初代の雷の守護者は大地主の息子で、若くわがままな臆病者だったとか。

・・・なんか鍋かぶってるよ(--;)

10年後ランボを更に情けなくしたような感じだなぁ。
さすがに牛柄の服は着てないし、角もない?

そして、ランボの身体に装着されたのは、
激しい一撃を秘めた雷電と謳われた「ランポウの盾(シールド)」。
・・・すげーかっこ。ランボさん、鼻水!鼻水!!

「ママーーーン!!!」と叫んで強烈な雷を撃つランボ。
戦ってるって言うにはちょっとアレだけど、
こんなにランボが頑張ってるのはかなり久し振りですね。
もっとも来週までランボが戦えるかどうかはわかりませんが(^^;

んで、ヴァリアーの雨は・・・???
毎週言ってるけど、ほんっとあのロン毛隊長はまだ生きてますか?
うん、ボス達の扱いの悪さは予想通りだったよ。
再会した途端、間違いなくどつかれまくるんだ・・・。

本誌感想はコチラへ。

ブログランキングバナー
 少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi
スポンサーサイト