子ねずみのチューチューは、ある時おかあさんに聞きました。
「ねえ ママ、だれがこどもをつくるの?」
ところがその時猫がジャマをし、チューチューは答えを聞けないまま。

翌日、チューチューは学校へ。
登校も授業中も、チューチューは仲良しのもぐらの男の子、
ディディと一緒。3時間目の理科の時間、先生はまず、
さくらんぼのでき方を教えてくれました。
次にひよこ、最後に人間。
みんな、どうやってこどもを作るのかな?


・・・ある意味、強烈なタイトルですよね。
中身もです。いやはや、なんとも
最初の方はチューチュー一家の説明でまどろっこしく、
本題に入るのは中盤以降、学校にて。

まずはさくらんぼ。
まぁ、子どもに教えるには妥当ですね。
私も「おしべとめしべが・・」はとりあえず教えました。

続いてひよこ。
「おんどりがめんどりの背中に・・」ときます。
イラストのニワトリもしっかりくっついてます。
まぁ、でもこの辺までは「わかりやすいね」な範囲。

さて、人間。
うわ・・・裸の男女合体シーンもバッチリです。
やり方もある程度解説しています(名称や体位も)。
とってもわかりやすいし、それなりの正しい認識が
植え付けられそうなので、教材としてはなかなか良いと思います。

が、さすがに面と向かってコレを教えるのは恥ずかしいですね(^^;)

いやいや、恥ずかしがってる場合か!うーむむむ。
子ども達に正しい知識を与え、体を守るのも親の役目ですもの。
(でもやっぱり、かなり現実的なイラストで恥ずかしいデス★)
娘は勝手に見てたけど、まだ子ども達には読んでやってないので、
週末の返却日までには読み聞かせてみようと思ってます。

・・・結果報告・・した方が・・いい?!

ねえ、だれがこどもをつくるの? 著者:ヤーノシュ 
訳:平野卿子 講談社 1993年9月発行

ブログランキングバナー
スポンサーサイト