fc2ブログ
16日の日記でも書きました通り、その日はYOUちゃんの命日でした。
当日は(たぶん)2カ所で追悼ライブがありまして、
片方が30日まで配信されているということで今日見ました。

実は当日終わった後に配信に気付いたんだよ(^^;
配信無い方はもっと前から知ってたんだけどね〜。
ま、見られるうちに気付けて良かったです。

「For YOU...」と名付けられたこのイベント。
ステージ中央または向かって右側にずっと、YOUちゃんのギターが。
出演は三都'S with HIROとぽんぽんにゃんと丸の内線の会★NEOの3組。
バンド名だけじゃ「誰?」かもしれませんが、
結構有名どころのライブにも参加してる人達の集まりなので、
皆さんもどこかで目にしているかもしれません。

例えば丸の内線の会★NEOのベーシストさんは
いつぞやの紅白歌合戦で「進撃の巨人」の曲が演奏された時の
メンバーのお一人だそうで。(私も気付いてなかったんですが)
同じく丸の内線のドラムスさんは、人気バンド
THE YELLOW MONKEY(イエモン)のアニーですしね。
(私にとってはキラーメイのアニーさんなんですがw)

以前のCOOL-JOEを中心とした配信ライブの時にも思いましたが、
YOUちゃんの交友関係って結構広いんですね〜。
え、この人とも!?っていう人がゴロゴロ。
私がDEAD END周辺のごく僅かしか知らなかったので、
今更ながらにあれこれ判明して驚いています。

あ、ライブは、前半の三都'Sではギターパートを
ラクリマのHIROさんが担当。
YOUちゃんのフレーズのコピーは難しいと仰ってました(笑)
まぁ確かに細かいところの完コピはできてなかったけど、
HIROさんのYOUちゃん愛を改めて確認。
去り際にわざわざギターのところまで戻って
深々お辞儀するの、この人だけですからね。前回同様、感動〜!!

後半のぽんぽんにゃんと丸の内線は、
YOUちゃんと仲の良かった大塚ガムさんと言う方が
YOUちゃんの音源データをライブ用に組み直して再現。
演奏自体はCDとかの完成したソレだけど、
他のメンバーの音と合わさって「ライブ」として聞けたのは
嬉しかったです。

こういうやり方や未発表音源の発表には賛否両論ありますが、
個人的にはまだまだ知らない曲があると言うなら
聞いてみたいと思いますね。
アニーさん、ガムさんをはじめとする関係者の皆さん、
ぜひ発掘よろしくお願いします。楽しみにしています。

(あと気になるのはやっぱMORRIEとJOEの意見…だよね)

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト



もう1年と言うか、まだ1年と言うか。

唯一無二で好きと言い続けている日本のロックバンド・
DEAD ENDのギタリスト、足立祐二氏が亡くなって今日で1年です。

訃報を知ったのはその3日後。
突然ネットのニュースに上がってきてびっくりしたんですよね。
「え?え?え?あの足立祐二!?」って。

まぁその辺りの動転した様子は当時のブログにも残ってるので、
ここで長々語るのはやめておくとして。

享年56歳は何度見返してもやっぱり若いよなぁ…。
すぐに追いついてしまいそう。

この一年間、追悼ライブやラジオ番組、追悼記事などを見聞きして、
改めてYOUちゃんが仲間たちみんなに愛されてたんだなぁと実感。
早過ぎる死でした。もっともっと活躍を見たかった。

ソロアルバム「ANDROMEDIA」。
ANDROMEDIA
今日はまずこれを聴きました。
ソロアルバムは1枚持ってないのがあるんですよね。
しかもそれが一番どこにも売ってないやつ(TдT)
みんなだって手放したくないもんね〜、きっと縁が無いまま終わるんだ。

きっと今頃、他にも多くの方がYOUちゃんの曲を聴きながら
彼の死を悼んでいることでしょう。
YOUちゃん、たくさんの素敵な曲をありがとう!!
改めてご冥福をお祈りいたします。

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
同僚のお家の都合でチーム全体の休日が組み替えられ、
ワタクシ今日と明日が入れ替えになりました。

…で、火曜日に急に決まった今日のお休み。
娘と買い物デートを予定していたのですが、
私も娘も朝から体調不良でドタキャン。
(女の子特有の理由で風邪とかじゃ無いです)
家で過ごす一日となりました。

鬱の薬との兼ね合いで頭痛薬が使えない娘は午前中布団の中。
私は薬飲んだら少し落ち着いたので、
5月のイベント合わせで製作中の新刊原稿を進めました。

フォトショがダンナのPCにしか入っていないため、
ダンナ不在のうちに表紙やイベントのサークルカットetcの
画像処理を中心に。
自力で(PCで)表紙作りするのもこれで4冊目、
だいぶ使い慣れてきた気がします。

なんて言ってると思わぬミスをするので、慎重に(^^;
毎回印刷所スタッフさんのダメ出し喰らってますからね。
(直近の本は確認のみでやり直しは無かったですが)

そして。
今日は大好きなDEAD ENDのボーカルMORRIE(大塚基之氏)のお誕生日!!
MORRIE、おめでとうございます〜・:*+.\(( °ω° ))/.:+

昨日も書きましたが、夜にはオンラインでのライブが予定されています。
普段なら木曜日のその時間は仕事終わりと重なってしまい
最初からのリアタイは無理ですが、
数日間はアーカイブで見られると言うので
そちら目当てで一応チケットを購入いたしました。

そしたら、今日がお休みになったじゃないですか!
リアタイできるじゃないですか!
やった〜♪♪♪

ということで、夜を楽しみにしています。
職場のリーダーさんから休日変更を打診された時、
内心でガッツポーズしたのはナイショw

よく考えたら誕生日にライブって、
誕生日に働いていただく訳なんですけどね(^^;
どの曲歌ってくれるかな〜?
あれとかそれとか聴きたいな〜。わくわく♪

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
今日のお昼にネットに飛び込んできたニュース。
DEAD ENDというロックバンドのギタリスト、
YOUちゃんこと足立祐二さんがお亡くなりになりました。

6月16日、56歳でした。

このブログに来てくださってる読者さんの中には、
「ん?デッドエンド?」と名前に見覚えのある方も
いらっしゃるかと思います。

何度かDEAD ENDやYOUちゃんを話題にもしたし、
4月に発行した同人誌のタイトルがモロにそれ、
「デッドエンド」でしたね。そう、あのDEAD ENDです。

ニュースサイトやTwitterで確認して、
あぁ、本当のことなんだ・・・と。
しばし放心して、次に思い出をかき集めて、それ見て号泣して。

今、また呆然としながらこれを書いています。

先月ネットで無観客ライブを配信したばかりなのに・・・。
その後も(私は仕事と時間がカブるので見てませんが)
メンバーを変えつつ何度もライブ配信してて、
今月もまだまだ予定があったのに。

バンドのメンバー、MORRIE、COOL-JOE、MINATOはどうしてるだろう?
MORRIEなんてアメリカだよ。帰ってくる(これる)んだろうか。
彼らのことを考えても悲しいし心配です。
(MINATOは脱退してると言えば脱退してるのですが)

もうショックでショックで・・・
今はただYOUちゃんのご冥福を祈るばかりです。

今日は皆さんのところへはとても行ける状態ではありません。
ごめんなさい。
DEAD ENDの曲を聴いて静かに過ごそうと思います。

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
昨日も書いた通り、5/20はダンナの誕生日だったんですけどね。
ダンナ放置で、昨夜は職場を出た直後から
ネットでのライブ配信を見てた私です(^^;

私がもう30年以上前から唯一ず〜〜〜っと大好きな
日本のロックバンド・DEAD END。
そのギタリストのYOUちゃんが、
色々なアーティストのサポート等をしている
ベーシスト&ドラマーと組んで無観客ライブを開催したのです。

最近すっかり生ライブから遠ざかっていましたからね。
年齢的にも一人でライブハウス行くのちょっと怖いですし。

それがPC越しとはいえ、リアルタイムで見られるなんて!!!
嬉しくて嬉しくて、予告が出てすぐに配信元からの
通知設定してワクワクの数日を過ごしていました(*^_^*)

ネットゆえの回線トラブル有り、途中中断も挟んでの
およそ3時間。
DEAD END時代から1番好きな曲だったのに
ライブで見る(聴く)ことが1度も無かった
「I'M IN A COMA」という曲も演奏してくれて、
もうもうもうッ大号泣ものでしたッ!!!
やっと聴けたよぉぉぉ〜〜〜(PC越しだけど)。

え〜・・・と。
ダンナの誕生日の方ね?
酷い嫁でごめんなさい(^_^;

これも昨日書いたけど、ネットショップ見たら
昨日のうちに到着予定になってたのに、
やっぱりというか結局というか、プレゼント用のブツは
届きませんでした。今日来るかしら?
(これ書いてる時点ではキテナイ)

午前中、作業所に行く用事のあった息子が
ケーキを買ってきてくれたので、それくらいかな〜。

あと、電話したら、パパの誕生日をすっかり忘れていたことが
判明した娘。
「歌くらい歌いなさい」と言ったら寝起きの低音ボイスで
「はっぴば〜すで〜♪(超調子っぱずれwww)」
「はい、もう1回」というたびにノリ良く繰り返してましたw

それにしてもヒドイ歌だったwww

まだまだライブも外食も、ついでに娘との行き来も
できない日々が続きますが、楽しみを見つけながら
気分上げて過ごしていきたいですね^ ^

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ