我が愛するMORRIE(モーリー)さん率いるCREATURE CREATURE。
何年ぶりだ?4年?お待ちかねのNEWアルバムが届きました。

前回メンバーだったラルクのTETSUは今回不参加なのね。
Minoruは数曲のみ参加、他は全く別のメンバーです。
・・・全然知らない人ばっかりだわ。

まずギターがLa'cryma ChrisitiのHiroとGuy's FamilyのShinobu。
ふたりとも全く知らん。ラクリマは名前だけは知ってる程度。
ベースが黒夢のHitoki。黒夢も名前だけ知ってる。あ、ボーカルも。
でも曲はちゃんと聴いたことないんですよね。
ドラムがラルクのSakura。実はついったでは良く知っていたり(笑)
でもラルクも聴いた事はあってもそんなに詳しくないんだな(^^;
とりあえず結構若いメンバー(MORRIEからすれば)・・・なのかな?

何回か聴いてみて(原稿描きのバックに流したりもして)。
・・・・・・う~ん(--;)
前回のアルバムより怖い声(笑)が増えたな。
あと、曲(メロディーやコード進行)が複雑になった?
つまりは覚えにくい&歌いにくい。

歌詞も・・・家族と一緒に聴くのは恥ずかしい言葉が増えた(^^;
5曲目の「Black Hole」なんて無茶苦茶なんですけど(苦笑)、
これって禁止ワードとか引っかかったりしないんでしょうか?
女の子が歌うにはヤバ過ぎるわぁ~。(誰が女の子やねん)

千万年とか夢とか果てしなくとか、今回も繰り返されるワードが幾つも。
枚数重ねるごとにどんどんMORRIEの世界が固まりつつある、
って解釈は変かしら?

MORRIEの声は相変わらずとっても素敵♪
楽器についてはあんまり詳しくは語れない(わかんない)んだけど、
前回やDEAD ENDに比べると楽器そのものの音がちょっと高い気がする?
いや、ほんと素人の耳で申し訳ないんだけど、
曲によっては全体にキンキン聴こえるような気がしたりするんだよね。

上で書いた通り複雑な感じのする曲たち。
MORRIEの他にHiroやShinobuの書いたものもあるのね。
前回の「風の塔」みたいなしんみりしっとりした曲はないんだな。
(スローな曲はあるけど、雰囲気は似てないし)

んで、今のところ一番気に入ってるのは、4曲目の「Amor Fati」。
これってMinoruの曲か。
そう言えば前のアルバムも「風の塔」以外だと
同じくMinoruの作った「MABOROSHI」がお気に入りだったり。
案外私、Minoruの曲と相性良かったりするのかも。

Shinobuの書いた6曲目「Gone By Rain」も好きな方かも。
これってDEAD ENDのアルバム2・3枚目を思い出す。
・・と思ったら、キーボードで岡野ハジメさん。
岡野節っつーのも変かもしれないけど、そんな雰囲気なのかもw
歌いやすくもあるしね。

8曲目「妖」は、クリクリ初ライブの時に披露されてた曲だよね。
こんな曲だったっけ?(Σオイ)
不思議なコード進行があったのは記憶に引っかかってるけど。

一曲ごとの細かい感想などは省略。
しばらく原稿の間とかに聴き続けてみたいと思います。
耳に馴染んでくればまた、お気に入りが変わったりするかもしれませんしね。

初回限定盤のDVDは、CD3曲目の「Dream Caller」 。
おおーッ、MORRIEさん久し振り!
クリクリ初ライブ以来全然ナマで見れてないもんなぁ。東京も大阪も遠い(T_T)
画面に時々現れる白っぽいズルズルの人もMORRIE本人ですよね?ほえぇ~。

ところで、CDの帯っつーか背中部分に挟み込んであるアレ。
「果てなき愛と殺戮の祝祭空間があなたを待っている。」
って、これ。誰が考えたんでしょう?
愛と殺戮の祝祭空間・・・ちょっと恥ずかしいと思ったり(^^;

↑初回限定盤DVD付き。


↑こちらは通常盤。

ブログランキングバナー
 blogram投票ボタン
スポンサーサイト
遅くなりましたが、CDレビューを書いておこうと思います。

1991年の解散から18年ぶりのDEAD ENDの新譜。
今回のキーワードは「姫」と「ドレス」?
バンド・ソロ含めていつも以上に女性や性を露骨に表現した
言葉が多いような気がします。

え・・・と、あくびサンはボーカル中心に聞いてるので、
ギター・ベース・ドラムスについての専門的な話はできません。
まずはご了承を。

1・摩天楼ゲーム

割とわかりやすいポップなテンポの曲。
いきなり「姫様」登場(笑)
「そのままー♪」のとこ、何かの曲に似たような音が
あった気がするんだなぁ。
声も少し甘い感じになるのが良いです♪
でも、最後はドスの利いた声で、まるでDEAD LINE時代のよう。


2・Dress Burning

DVDにも「JACK IN THE BOX」のステージが収録されている曲。
このアルバムで一番のお気に入りです。
「姫様は差し招く」のフレーズが特に。
何度聞いてもかっこいいなー///

けど、「霊と肉」がどーしても「冷凍肉」に聞こえる。
空耳発動中w


3・テレパシー

最初の部分のギターが「JUNK」にちと似てる気が。
音は違うんだけど、リズムとかジャッジャッジャッてのがね。
「俺はみんなを愛してる」
MORRIEもこんなこと言う日が来るなんて(笑)
つい首振って体揺すってリズムとりたくなる曲。
歌詞の内容はよく聞くと結構ドス黒いんだけど(^^;

この曲にも「姫」がいますね。


4・Devil Sleep

なんとも激しい曲・・・としか言い様が★
どちらかと言えば個人的に苦手なタイプかも。


5・神猿

何度聞いてもイントロが「アカイツキ」に聞こえて、
「今宵赤い月ィはー♪」とつい歌い出しそうになる(笑)
この曲にも「ドレス」が出てきますね。

そういえば、MORRIEソロにも「猿」が出てきたけど、
猿にも何かこだわりが???

「さーよならー♪」の部分が好きです。


6・疑似ヴィーナス

メロディーラインが無く、ボソボソと語りが入る穏やかな曲。
初めて聞いた時は歌詞カードをじーっと見過ぎてて、
7曲目に繋がるのに気付かなかったという・・・おマヌケ(--;)

んで、MORRIEの語り口に一瞬「オーケンかッ!」
とつっこんだのは私だけのヒミツ(笑)


7・Princess

PVにもなってる曲。どうしてもピエロ顔でMORRIEの後を
ついてくる兄さんが気になるんだよなー、あの映像。

タイトルからずばり「お姫様」の歌。これで「姫様」何曲目?
間奏のギター、かっこえぇーッ!!YOUちゃんも好きだぁーッ!


8・Guillotine

ギロチン・・・。

これ、ライブで見たらギターとベースが視覚的にも
かっこいいんだろうなぁと思う曲。
途中MORRIEがドス利いた声になるの、ライブだとどんな感じだろ。
大昔はこんな声ばっかだったよなーと懐かしんでみたり。

また「姫様」ご登場。


9・Kill Me Baby

これまた懐かしい曲が始まりそうなイントロ。
こういうテンポの曲って好きなんだな、私。とっつきやすいと言うか。
歌詞はイマイチなんだけど(ゴメン、モーリー)。


10・冥合

我が家でのこの曲の呼び名は「年末時代劇のテーマ」。
(すみません、すみません!)
故・森繁さんとかが「また年寄りが生き残ってしまった・・・」
みたいな(^^;

どーしちゃったの、DEAD END?!というくらい毛色の違う曲。
メロディーが全然雰囲気違いますよね。
大人になったと言うべきか・・・20年前じゃ絶対なかったと思う。

最後の音(叫び?)がニワトリに聞こえたってのもナイショ(笑)


以上10曲。
全くの私的感想ですが、あまりにも変なとことかありましたら、
どうぞご指摘してやってくださいませ(^^;


ブログランキングバナー
本日届きました!!
20年越しの新譜再会となるDEAD ENDの新作アルバム
「METAMORPHOSIS」と、インディーズ時代の名作
「DEAD LINE」の再プレス盤です。

「DEAD LINE」、これで我が家に4枚目(笑)
インディーズ盤(LPだよ!)にそのピクチャーレーベル
(こっちもLP)、その後に出たCD(ソノシート曲収録)
・・・と今回のコレ。

でも、今回の再販には初回DVD付きがあったので、
迷わずそちらを購入しました。
CDはもう聞き飽きる程よく聞いた曲ばかりなので、
まずはDVDを視聴。

「1987年1月大阪・・・・・・」
え!?1987年!!
私が大阪に行った年・・・ってことは、デビュー前。
つまり、ドラムスは田野ちゃん!!
おおーッ、MORRIEの背後に白黒水玉が見えるよぉー!!

途中で「新曲」と言って始まったのが、
メジャーデビュー作「GHOST OF ROMANDE」に収録の
「THE DAMNED THING」。
うっわぁー、デビュー時のドラムスはMINATOだから、
この曲を田野ちゃんが叩いてるのって初めてだぁ!!
なんか不思議な感じがします。

数曲後には同じく「GHOST・・・」から私の大好きな
「THE RED MOON CALLS INSANITY」も。
時間がなくてまだその辺りまでしか見てないのですが、
もうこれだけでも充分購入の価値があったよぉ!!!

続いて新作「METAMORPHOSIS」。
そーなの、20年ぶりなのよぉ。ワクワクワク♪
やはり時間がないので、とりあえずDVDのみ。

2曲収録で、1曲目はアルバム7曲目「Princess」のPV。
サーカスちっくというか幻想的な作り。
火を噴く大男がいたり、ピエロみたいな人がMORRIEの後を
ずっと付け回していたり、女性ダンサーが舞ってたり。

MORRIE、む・・・胸の筋肉が・・・///
YOUちゃん、その帽子似合ってるかもw
MINATO、残念ながらほとんど印象がない。地味(^^;
そしてJOE、すっげー美人さんになってる!!!
MORRIEそっちのけで、JOEの金髪を目で追ってしまいました(笑)

2曲目は「Dress Burning」。
8月のイベント「JACK IN THE BOX」での一幕です。
あぁ・・・行きたかったなぁ。長野は遠いよ・・・。
音源同様DEAD ENDのライブも超久し振り。
感慨に耽りながら見ていた私の目に飛び込んできたもの。

・・・MINATO、笑ってる!!!

その瞬間、涙が止まらなくなりました。
なんだよ、MINATO笑ってるんじゃん。嬉しそうにドラム叩いて。
色々言われてるの見てたから、てっきりライブも
乗り気じゃなかったのかと思ってたのよ。
いつもみたいに渋い顔してるんじゃないかとか。

今度の再結成ライブには出ないって聞いてるけど、
もしかしたら噂通りに裏事情とかあるのかもしれないけど、
そんなん全部一気に吹き飛んじゃって、ただ、ただ、
ここで彼の笑顔が見られたのがすごーくすごーく嬉しいです。

あくびサンはMORRIEファンですけどね。

さて、そのライブ。
東京は私の誕生日の当日なんだっけ?あれ、違う?
確かその前後だったよね。
冬コミ帰省etcを控えて時間的にも金銭的にも厳しく、
平日は子供達の事もあるので残念ながら不参加です(T_T)

あくびサンは「お子ちゃま」なので、今ものすごく悔しいです。
だから、ここのコメ欄でライブの話は当日過ぎるまで厳禁ね(笑)
でも、参戦なさる方は、目一杯楽しんできて欲しい。
目一杯彼らを見てきて欲しい。
んで、ぜひ彼らのかっこよさを私にも伝えて欲しいです。

また後でじっくりじっくりじーっくりと視聴して、
いつもの詳細レビューは後日ゆっくりと書きたいと思います。
まずは第一報ということで。

やっぱりDEAD ENDは格好良かった。
何年経っても彼らは素敵です。
ずっと追ってきて良かった。ずっと待ってて良かった。
彼らを大好きで良かった。

MINATOが、JOEが、YOUちゃんがいてくれて良かった。
MINATOが、JOEが、YOUちゃんが大好きです。

そして、そして、
誰よりも
MORRIEがいてくれて良かった。

大好きです。



ブログランキングバナー
Creature Creature・・・6月にライブやってたなんて。

DEAD END・・・8月の千葉でのイベントに参加するなんて。

しかも、超個人的なことなんだけど、
NECROの誕生日設定日に気付くというこの偶然。

どーせ行けないんだけどさ・・・。
(すっかりやさぐれ中)
という名前だけでピン!と来る人は、どれだけいるのだろうか?

昨日、ダンナが本屋でマンガ関連の情報紙を貰ってきた。
風呂上がりに見るとも無しにめくっていた私の目が、
ある一点で止まった。

「西川茂」

・・・ニシカワシゲル?どっかで聞いた事あるぞ。

・・・って、えええーーーッ?
あの西川シゲル?!

その記事とは、1990年代に別冊マーガレットで連載された
多田かおるサンの漫画「イタズラなKiss」の話題。
人気作品でドラマ化もされたのだけど、
作者さんが不慮の事故でお亡くなりになり、未完で終わっている。
それを今回、夫である西川氏が中心となり、
アニメという形で完結させる・・・というもの。


・・・夫???

知らんかった!!!

ほんとに本人か?
調べてみたら、本人だった。

西川茂(敬称略でスミマセン)は、元PRESENCE(プレゼンス)
というインディーズバンドのボーカルで、
私の大好きなDEAD ENDがメジャーデビュー目前で
騒がれていた頃、やはり同じように確固たる地位を
築き上げていた人気バンドだった。
(プレゼンスの方がややポップ路線だったようで、
D・Eと客層は完全には重なってなかったが)

ロッキンf等の音楽雑誌にもよく登場し、その姿は知っていた。
ボーカルがSHIGERU。
ギターのRUDY(白田)は、後にグランドスラムってバンドを作り、
そのCDは一枚だけウチにあるな。
ベースのRADYは、ご存知元ジュディマリのベーシスト恩田サン。
ドラムはHIBARI。彼はよくわからん。

ライブは見た事なくて、大昔、ヤンタのオールナイトライブで
恩田サンが私の真横を通り過ぎた事があるくらいしか
ナマでの接点がないのだけど。
(足がめっちゃ長くて、かっこよかった!)

あ、もひとつあった。
Creature Creatureのライブで2階席にいるシゲルを見たわ。
YOUちゃんのブログにもよく登場してたんで、
勝手に身近な感じはしてるけどね。

ご結婚は1985年・・・って、そんな昔?!
私がロクfでプレゼンスを見てた時期じゃん。気付かなかったよ。
「愛してナイト」は大好きでアニメも全部見たけど、
(ジュリアーノぉ♪)別マは卒業してたからねぇ。

・・・と、これは完全に私の個人的な思いなんだが、
軽ーぅくショックを受けた訳だ(^_^;

とにかく今更ですが、漫画好きとして、また同じ母の立場として、
多田かおるサンのご冥福をお祈り致します。

ブログランキングバナー