FC2ブログ
昨日行ってきた、「翔んで埼玉」。
昨日は簡単に「Gacktが良かった〜♪」って
叫んだだけだったので(笑)、改めて感想を。

ついでに、昨日原作コミックスも見つけて即購入w
しちゃいましたので、その感想も。

まずは映画の方。良かったです。
娘は「最近見た映画ベスト3に入るね!!」なんて
言ってますが、その「最近」のひとつが
「レディ・プレイヤー1」だからなぁ・・・何年前まで最近?

昨日同様、やっぱりまず叫びたいのは、主役のGackt。
高校生役なんですけど、
高校って言っちゃうと違和感ありまくりなんですけど(笑)、
でも、あの主人公をこれだけ“それらしく”演じられるのは
やはりGacktしかいなんじゃないかなぁ?って思う程の
当たり役になると思います。めちゃくちゃカッコえぇ!!

ライバル役の伊勢谷友介氏との共演シーンは
どれも強烈でしたね。見た人はおわかりかと思いますがw
いやぁ〜濃かった。このふたりの怪演ぶりはwww

簡単に言っちゃうと東京に虐げられる埼玉を
Gacktが解放しようとする話で、
伊勢谷さんは千葉県民役なんですが(あ、しまったネタバレ)、
実家が千葉にある私は東京よりも埼玉よりも
ついつい千葉側につきたくなってしまって困りました(笑)

しっかし、千葉に埼玉、群馬があんな田舎扱いじゃ、
現在住んでる我が長野はどんな扱い受けるんでしょね?!(^^;

ついでに言えば、私、生まれは神奈川(横浜)なんですよ。
この映画だと神奈川は東京に次ぐ第2の都会扱いでして。
長野と千葉封印して、私は神奈川生まれを主張すべきですかね?

ま、私のことは置いといて。

もう一人の主人公役・二階堂ふみさんは、
(Gacktもそうだけど)いかにも魔夜峰央キャラにいそうな
黒髪美青年に惚れる美少年、可愛かったです。
キリッとしてるところも良かったけど、
やっぱりちょっとダメな感じになってる場面の方が
「可愛い!」っていうねwww

美青年好きには、Gacktと京本政樹のシーンはヨダレものw
う、美しいッ!!!画面が美し過ぎて正視できない!!!
全出演者の中でも、このふたりが並ぶと
特に私以上の世代にはたまらないと思います。
なんて素晴らしいキャスティング!!!

あ、あと、そんなに目立つ役では無かったのですが、
埼玉側のお小姓みたいな役で、
ゴーバスターズ(戦隊)のレッドやってた鈴木勝大くんも。
鑑賞中は「あれ?似てるような・・・あれ?」でしたが(^^;
(ごめんよ、レッドバスター!)

もうひとつ。絶対にこれ書いときたいのは、
「映画はエンディング曲含めて最後までしっかり見ること!」。
ポケモンなんかもそうだけど、最後にオチ的な映像が
満載だったりすることありますよね。
それを見ずに帰るなんてもったいない!!!

この作品も、エンディング曲までめっちゃ楽しませてくれます。
なのに、知ってか知らずか?曲が始まった途端に
退席した人いたわ〜。
娘なんて、本編よりこっちの方がゲラゲラ笑ってたのに。
(それもどうかと思うけど・・・)

耳に残る名曲(迷曲w)ですので、ぜひ最後までご鑑賞を!!

さて、重大なネタバレをする前に、映画の話はこの辺で。
続いて原作漫画の話なんですけど、
私、パタリロはもちろんラシャーヌも横須賀ロビンも
買ってたくらい魔夜峰央作品にハマってた時期あるのね。

けど、この作品は知らなかったです。
損してたな、私。
娘はGackt(の役)は原作の方がかっこいいって。
もっとも、パタリロも私が歌う歌でしか知らないから、
原作も新鮮?古い?変な感じでしょうけどw
(娘は、私の歌うちょっといい加減なマリネラ音頭を
聞かされてきた可哀想な女子高生ですwww)

ただ、原作は未完なんですね〜。
え、ここで終わっちゃうの!?と。
映画の方はそこからだいぶ壮大に話を広げてあります。

話の途中で埼玉から他県に引っ越してしまい、
これ以上描いたらただの埼玉の悪口になっちゃうから
未完になっちゃったと言う魔夜先生。
でも、こうして映画化された今なら誰もそんなこと
気にしないと思うので、今こそ続き(が当時、
頭の中にあったなら)を漫画で・・・とも思いますね。

同時収録の短編も、いかにも!な魔夜ワールド。
私は時を超えちゃう女の子の話が好きかな。
やおいくんは・・・・・・あはははは(- -;)


(こちらは電子書籍版なので、同時収録はありません)


にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



朝〜昼間は娘と(大学入学前最後の?)映画デートに、
夕方からは職場の慰労会に行ってきました。
(さすがに同日に予定2つは疲れました★)

映画は、魔夜峰央原作の「翔んで埼玉」。
感想は明日改めて書こうかな?
とりあえず、GACKTがめっちゃかっこよかった♪
あのお歳で高校生役ですよ〜(笑)
でも、違和感無いわけじゃ無いんだけど(どっちやねん)、
あれはGACKTで正解だな!って役でしたわ。うん。

慰労会は・・・近所で評判?のお寿司屋さんで、
品数多くて食事は結構豪華でした。
ただ、やっぱ色々あって潰れた店ですからねぇ。
人間関係もあれこれあり、愚痴も多かったです(= =;)
「うん、うん」って聞いてたけどさ、
やっぱ酷かったんだな、ウチの店(= =;)

それでもなんとか表面上はにこやかに
終わってくれたので、ホッとしました。
ケンカして終わるんじゃ嫌ですものね(^^;

 
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
高3の娘、学校全体が受験体制で普通の授業が少なくなり、
今日は夕方のHRだけ出席すれば良いということで、
一緒にお昼の回を観に行きました。

時間も無いし細かいネタバレはしませんが、
魔法動物達は相変わらず可愛かったです♪
ニフラー可愛いですね〜。
前回みたいなイタズラ大騒ぎは無かったし出番も少なめですが、
それでもちゃんと可愛かったですよ。

ズーウーっていう大きな魔法動物も可愛かった!!
猫対決?!のシーンが良かったですね。
あと、懐かせるためのある道具(笑)私も欲しいです。
いや、ズーウーは大き過ぎて飼えませんけど。

主人公ニュートは、こちらもまた相変わらずの
他者となかなか目を合わせないキャラクターで。
視線を逸らす時とたまに合わせる時の使い分け?が良いです。

娘は「ジョニデ!ジョニデ!」ってうるさかったけど、
私はジュード・ロウ(若き日のダンブルドア)の方が好みかな。
(ジョニデはジョニデで好きですけどね)

女性キャラでは、動物に変身できる役の韓国人女優さんが
めっちゃお綺麗で好みだなぁ〜。

他もみなさん、一癖も二癖もあるキャラばかりで、
まだもう1作続くんですよね?次作でどうなるのか楽しみです。
できればもっともっとニフラーにもご登場願いたいですねw



 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
娘の補習が午後からだと言うので、
「銀魂2」を観に行ってきました。

いやぁ〜、面白かった。
娯楽作品としては良い出来だったと思います。
長野は小学校(中学も?)が徐々に夏休みを終え、
映画館に子供達の姿が少なく寂しくはありましたが。

この時期公開ってもったいねぇ〜!!

娘は「1」の方が面白かったと言ってましたが、
私はこちらも良かったと思います。
まぁ、前半は思いっきりくだらなくて(一応褒めてるw)、
後半は一気にシリアスで落差・温度差の感じ方は人それぞれかと。

柳楽優弥クンは、割と好きなんだけど・・・
あのオタっぷりはどうよ(^_^;
声が低く変わって“鬼の副長”が蘇るシーンは格好良かった♪

吉沢亮クンの沖田は、前作も原作沖田より大人な雰囲気で
違和感があると言えばあるんですが、
めちゃくちゃ格好良いですよねぇ〜。
アイマスク外した直後の細めた目とか(何故そこッ!?)。

今回初参加の窪田“万斉”正孝クン。
彼も、原作万斉がどちらかと卵型の顔で丸顔窪田クンは
どうだろう?って思ったけど、動きとか、
アクションの途中でパッと止まった時のポーズとか、
めっちゃ決まってたです。

菅田クン、柳楽クン共々窪田クンも好きな俳優さんだけに、
3人一度に見られてほんと良かった〜(笑)

って、キャラ(俳優さん)の話ばかりしてますけど、
本編もツッコミどころ満載で、いかにも銀魂!でしたね。
トトロネタは、ウィ〜ンって扉が開くところとか
私も乗りたい!って思ったり。あれは憧れるよね〜。
ラストの“青島くん”は最後まで見たかった(笑)

エヴァは、何故彼がアスカ・・・。怖すぎる。
(菅田クンは似合ってたw)
似合ってたと言えば、岡田クンの女装もなかなか素敵だったよね?
少なくとも女装陣の中では一番まともだったよ。(←えΣ)

不満があるとすれば、堂本クンの出番の少なさ。
高杉、前回と比べるとグンと出番減ったよねぇ。
真選組がメインだったから仕方ないとはいえ。

そういえば、定春の出番も無かったな。残念。

原作は残すところあと5回(発表号は含むのか?)だそうですが、
映画の第3弾はどうなんでしょう?
せっかくだから、もう1本、
万事屋と松陽の弟子メインのお話を観たいな〜って思います。

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
4/30に見てきたもう1本。
こちらは、予告で私が見るぞ!と決めた作品。

面白かったです。
序盤ちょっとしんどかったけど(話が暗い)。

以下、たぶんネタバレあります。
自分で先に見たい方はご注意を。

原作は「GANTZ」の奥浩哉氏の漫画。
「GANTZ」共々未読でスミマセン。
映画の後書店に行って、1巻の表紙見た最初の感想が

「ワタリさん」

すいませんすいません、全然違う作品ですね(作者も)。
でも、主演の木梨氏よりももっとジジイじゃないの(笑)

いわゆる宇宙人のミスで突然死亡し、
機械の体を与えられたジジイ(木梨憲武)と高校生(佐藤健)。

2人ともある意味辛い境遇にあったけど、
選んだ道は全くの正反対。
世の中を恨んで全人類抹殺を目指す高校生と、
自分の力を人助けに使うことに決めたジジイ。

普通逆なんじゃないかとwww

と言うわけで、この作品のヒーローは、
イケメン元仮面ライダーな佐藤健クンでは無く、
ジジイ扱いされてる木梨サンの方です。頑張れ木梨www

でも、木梨氏、めっちゃ格好良かったですよ。
めっちゃ老けてたけど。
(ご本人、あそこまでじゃないよね?まだジジイじゃないよね?)

一方の佐藤健クン。
鑑賞日の日記にも書いたけど、もうそろそろ
高校生役は無理があるんじゃないかと・・・(^_^;
とてもウチの娘(高3)と同い年には見えないよ。
こちらも年の話さえしなけりゃめっちゃ格好良かったですけどね。

彼、悪役も似合うよね(^_^)b

高校生の親友役は、本郷奏多クン。
彼も高校生という年じゃない(笑)
んで、ジャンプ買ってるからテニプリの初代リョーマっていう
イメージ(大昔)はあるけど、その後彼の出演作は見事に
全然見てないんですよね。大きくなったなぁ。

高校生のお母さんや彼女はバッドエンド。
うッうッバッドエンド苦手(T_T)
でも、主人公はそちらではなくジジイですからね。
最後はハッピーエンドと呼べる方向で終わってくれて、ホッ。

何より、犬のはな子が可愛かった。
特に何をするでもなく画面に現れて、「ワン!」って(笑)
主人公「犬屋敷」さんからのタイトル「いぬやしき」ですが、
犬は大事だよねぇ〜。うん、最重要キャラだよwww


 にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ