fc2ブログ
後半にオーズのネタバレがありますので、
これから見る予定の方、ネタバレ不可の方はご注意くださいね。

まず「ファンタスティックビースト」。
ハリポタのダンブルドア校長が若い時代の話。シリーズ3作目。
めちゃめちゃ良かったです〜!!!

1と2はちょっと難しい話があったりしましたが、
今回は全体にわかりやすくて楽しかったです。
3作の中で一番好きだな。

話のテンポが良いし、
キャラも(特にマグルの彼)適材適所でよく活躍していたし、
何より魔法動物達が可愛い!!!
ペット(笑)達も活躍の場があって可愛かったです♪
エンディングまで可愛い&かっこいいでした。

これは映画館で複数回観られる映画だな〜(^_^)b

そして、「仮面ライダーオーズ10th 復活のコアメダル」。
以下ネタバレ有りですので、ご注意を!!





映画館出たところで号泣(TдT)
買い物中は我慢したけど、それ以外の帰り道はベソベソしてました。

「復活のコアメダル」ってタイトル通り、アンクは復活するんですよ。
やった〜!!!
アンク大好きなので、復活した場面からしばらくは大喜び。

ひなちゃん、クスクシエの店長さん、後藤ちゃんに伊達さん…と
懐かしの面々が次々と登場。
後藤ちゃん(バース)……弱いわね(^^;
鴻上さん!!相変わらずのテンションで!!ハッピーバースデー!!
映司も登場して、わ〜い、勢揃いだ〜!!!
と思ったのに。

鴻上さんの説明の辺りで「あれ?」と。なんかデジャヴ?
話が進んでいくにつれ嫌な予感が。
映司…じゃなくて、誰!?呪術の夏油&五条の話を思い出す???

はい、予感的中。バッドエンドでした(私にとっては)。
映司が〜〜〜!主人公なのに〜〜〜!!!
ほぼほぼ映司=夏油(メロンパン)、アンク=五条でしたね。
呪術を封印まで読んだ人はこれでお分かりかと。
(0巻・過去編要素はありません)

10周年記念作品だし「復活の」だし、
明るく楽しくお祝いムードで「キャ〜♪」な作品かと思いきや、
めちゃめちゃ泣かされるラストでヒットポイント0になりました。
大黒摩季さんの主題歌も泣いた…EDの映像にも泣いた…
こんなに泣かされるなんて……

完全に予想外の内容で、パンフの表紙見ても泣いてます。
完結編ってそういう意味か〜。
「W」「ビルド」と並んで一番好きなライダーなだけに、
ショックが大きかったです〜(TдT)

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト



娘と映画デートしてきました。

伊藤英明主演のラブコメ?アクション?
原作漫画は未読、呪術を観に行くたびに宣伝してて
ちょっと洗脳されました(笑)
時々こういう変なの観たくなるんですよね〜。
(翔んで埼玉とかと同列ですかねw)

そこそこ面白かったです。
娘もブフッとか笑ってたし。
ただ、観終わった後の評価は辛口でしたね(娘)。
い〜じゃ〜ん、頭空っぽにして笑える映画。
たまにはそういうのも必要だよ〜(^^;

変な映画がお好きな人にオススメです。
映画館で…とは言わないので、
テレビでやることがあれば、ぜひw

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
実は原作4巻分とテレビアニメ一期分のみ履修済みだったりします。

それよりも、吉沢亮くんや山田裕貴くん、磯村勇斗くん…
要するにニチアサ出身の俳優くん達が目当てだったりして(笑)

未読の娘を巻き込んで映画見てきちゃいました〜。
(娘の通院のついでです)

話もキャラもだいぶ端折ってますね。
娘は説明不足でチンプンカンプンだった様子。
でもまぁ吉沢マイキーは予想通りのイケメンぶりだったし、
山田ドラケンはめちゃくちゃカッコよかったし、
磯村アッくんは高校生時代が可愛かったしw

はぁ〜〜〜、私はやっぱりドラケンが好きですね〜。
原作買っちゃおっかな〜?

んで、ニチアサはまだ見てないので今週の感想はお休みします。
ジャンプは明日娘の部屋でゴロゴロしながら読みます。
こっちは自宅に戻ってから感想書く予定です。お待ちください。
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
2023年に国立機関に収蔵される予定のため、
今回が最後の大規模ロードショーとなる大島渚作品。
その代表作である「戦場のメリークリスマス」が長野でも上映中なので
観に行ってきました。
ダンナも急遽お休みになったので、久々の映画デートです〜。

同じく大島監督作品の「愛のコリーダ」も上映されているのですが、
体力気力+時間が無いのでそちらはパス。
さすがにえっち過ぎて真顔で見られる自信も無い(笑)

「戦メリ」はめちゃくちゃ大好きな作品で、
一番好きな日本映画と言っても過言じゃ無いです。
公開当時は私中学生だっけ?その後も何度か見てるし、DVDも持ってるし。
もう好き過ぎてあのテーマ曲が弾きたくて、ピアノで練習したほどw

やっぱり映画館で見るのは違いますね〜。
改めて
好きだ〜〜〜!!!!!
そして、デヴィッド・ボウイかっこよかった〜。目の保養♪

当然だけど出演者がみんな若い!!
ビートたけしの笑顔がツヤッツヤ(笑)
坂本龍一教授は…セリフ噛み噛みやんけ!
DVDじゃ気にならなかったけど、大画面で見ると下手ですねwww
いや、でも、やっぱりあの役は教授しかいないでしょう。

監督をはじめ、ボウイ、内田裕也、ジョニー大倉etc、
既に鬼籍に入った方々も数多く。もう38年前なんですねぇ。しみじみ。
それでも、こうやって映画で会えるし楽しむことができる。
いやぁ〜、映画ってほんっと良いですねぇ。

戦メリ
ドピンク!の今回用に作られたパンフレット(裏は愛のコリーダ)と、
30周年記念の時に作られたらしい2枚組サントラCD。
「avec piano(ピアノバージョン)」のカセットテープ
(カセットですよ!)は持っているけどCDは無かったので、
今回サントラも購入しちゃいました。

たぶんこれからもずっと、一番好きな日本映画は?と聞かれたら
「戦メリ!」と答え続けるんだろうと思います。
昨今のボーイズラブから見たら全然物足りないだろうけど、
これぞ最高のブロマンス映画。
男と男の国を超えた奇妙な友情(愛)の物語、
まだ見たことない方はぜひ一度ご覧くださいませ。

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
呪術廻戦(アニメ)が終わってしまい、
土曜日の朝に書く話題が無くなってしまった…。

ということで、冬アニメの感想を簡単に。順不同。

約束のネバーランド:ユウゴや猟場、あのお方が出てこないまま、
 いきなりノーマンと再会して鬼を燃やしてGFでママとも再会して。
 ラートリーは死んだけど他はほぼほぼ生き残って、
 こっちの世界組と人間世界行き組とに分かれて終了。何コレ?!
 最後にバタバタと見せてはいましたが、あのお方は1シーンのみ。
 これじゃ原作未読勢はあれが誰やら何やらさっぱりだよ〜!!

 ということで、今回一番不満の残った作品。
 これなら最後まで辿り着けなくても良いから原作通りに
 ユウゴ&猟場解放の話をやった方が良かった。
 だ〜か〜ら〜オリジナル展開嫌いなんだよワタシ(="=)
 OPは一番好きなんだけどねぇ。曲も絵も。

進撃の巨人:娘がOPを怖いと言ってた。一人じゃ見られない…と(^^;
 でも、面白い映像でしたね。主要キャラ全然出てこないという。
 インパクト大であれはあれで良かったと思います。
 主題歌、フルで聴いてみたら後半の歌詞がwwwあんな曲なのか。

 原作は読んでない(ネタバレも見てない)部分だったから、
 最初のうちは何が起こってるのか、誰が誰やらで苦労しました。
 兵長の周りで部下が一斉に巨人化したとこは辛かったな。
 あとはやっぱりガビ。与えられた環境と周囲の思想でああ育ったけど、
 彼女もまた加害者であり被害者なんだろうと。重いです。

Dr.STONE:ラ〜スト〜!!!石化龍水ドド〜ン!!!(笑)
 あれでTwitterのトレンドに載っちゃうんだからね。さすが龍水。
 次シーズンが楽しみですね。宝島編。アメリカまでは行かないかな?
 こちらはオリジナルと言っても原作にちゃんと沿ってて、
 最初のカップ麺と、あとはちょこちょこシーンが挟み込まれたくらい。
 「あれ?こんなのあったっけ?」とは思っても気付かないほど
 些細なとこもあって、まぁこれくらいなら…と。

 もうちょっとしっかり見たかったのは、千空と司の共闘かな。
 こそこそ打ち合わせとか、動きがつくとああなんだ〜としみじみ。
 あと、動いてるゲンがとっても可愛くて、
 ドンキでパーカーを衝動買いしたのも良い思い出w
 
呪術廻戦:毎週感想書いてたので詳細はまぁいいでしょう。
 とりあえず冬の映画を楽しみに、8ヶ月?生きたいと思います。
 0巻〜!!!生きてる夏油様に会えるんだ〜!!!
 五条センセはあのセリフを言ってくれますかね?答え合わせ。
 たぶん言わないだろうな〜。今から号泣の準備をしておかねば。

ログ・ホライズン:円卓崩壊(だっけ?)って言うから
 もっとドロドロした内容になるのかと思ったら、
 割とあっさり選挙で決着した。仲間内でバトルはしないのか。
 原作読んでないので呆気なく進んだな〜と言う感じ。

 後半の高レベル者がレベル落とされ低レベル者が頑張る話は、
 一応みのりちゃんヒロインなのね〜。
 アカツキちゃんの方が好きなので(見た目からして)、
 ムムム〜ッと思いながら見ていた(笑)←別に怒ってる訳ではナイ。

ワールドトリガー:前半がvsガロプラで、後半がランク戦。
 太刀川くん真っ二つは原作ほどのインパクトが無かったのが残念。
 あのバトル、割と好きなんだよね〜。風間くんもいるしw
 ヒュースとガロプラが接触して陽太郎が現れる辺りは、
 伏線ってほどじゃ無いだろうけど今後
 「あぁ!」ってなる部分ではあるので、よく覚えておきましょうw

こんなところでしょーか。
4月からはヒロアカが始まりますね。
モリアーティは前回はTVで見られず、ネットだとすぐ忘れてしまって。
それくらいかな?グンと減りますな(笑)
まぁ娘もいないので、こんなもんでしょう。
また気が向いたらまとめでも書きますね。

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ