今日は、またまた娘と映画デートしてきました。
ツイッターで予告見て気になってた、アニメ「SING」。

連休最終日で子ども連れがめっちゃ多く、
映画館に着いた時には座席も全部埋まってましたが、
ちゃ〜んと事前にネット予約しておきましたので(^_^)v

ド真ん中の程良いお席で鑑賞できました♪

主人公(コアラ)が支配人を務める、売れない劇場。
一発逆転を狙って、歌のコンテストを開催する事に。

が、200歳のおばあちゃん秘書?が賞金の桁を間違え、
一癖も二癖もある参加者が殺到したことで、
大騒動に発展し・・・。


ってことで、集まってくる多種多様な動物達。
可愛い動物から怖い動物、はたまた微妙なキャラまで(笑)
味のある子がいっぱいで、動物好きにはたまらんです。

個人的には、大量の子豚達が好き(実は子豚目当て)w
娘は大量のイカが気に入ったそうな。
・・・どっちも団体さんだな。

ブタといえば、キレッキレのダンスを披露するオスの豚さん。
予告から面白い事は面白かったけど、
あんまり好きなタイプでは無かったのね。
でも、可愛かった。良い奴だったよ。

ゴリラの父さんもすごかった!(車いらねぇ!)
子豚達の母さんもすごかった!(歌より稼げそう!)
最終的にはみんな可愛く見えてきて、
観客達まで含めて(クマだけビミョ〜だけどw)
いいキャラいっぱいだな〜って思いました。

ただ。
ストーリーというか、話の進み方。
前半はちょっとグダグダしてるように感じました。
コンテストの予選?が終わるまではイマイチだったな。

主要キャラがひとつ箇所に揃ってドタバタが始まると、
そこからはドキドキヒヤヒヤの連続で面白かったです。
最近涙もろくなってきたせいか、
ホロリと来そうな場面もありましたしね〜。

歌もなかなか良かったです。
吹替えでも違和感はそんなに無かったし。

でも、これはやっぱり字幕で観たかったなぁ。
(字幕は夜9時過ぎのレイトショーしか無くて、
未成年の娘はダメなのよ★)

忘れなければ、レンタルで字幕版も観ようっと。


 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
いえ、決して私の趣味では無いのですけどね(笑)
娘が好きなんですよ。
「ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」。

せっせと前売り買ってきたので
(しかも、別々の特典目当てで2回に分けて)、
お付き合いしてきました。

偶然、それとは知らずにGREEのゲームを
プレイしてたってのもあるんですが(これホント偶然)。

今回の映画の内容は、以前ゲームの世界に閉じ込められて、
それをクリアして元の世界に戻ってきた主人公達が、
ゲーム世界の関係者に因縁つけられて戦うお話。

・・・で、合ってる?(超簡略w)

面白かったです。
原作(前作)知らなくてもそれなりに楽しめました。
GREEとか別んとこで同盟戦やってる私なので、
実体化してプレイするとこんな感じなのかなぁ?なんて。

・・・いや、無理。私の体力と運動能力じゃ。
リアルじゃ絶対足手まといです。ごめんなさい。

娘の「ママの好きそうな話だと思った」という言葉通り、
好きなタイプのジャンルではありますね。
ただ、アニメや漫画は見ても、
小説を今から読む確率はかなり低いですが。

んで、ラノベが原作だから若い子が多いのは予想してたけど、
そのほとんど(9割どころか98%くらい?)が男子
(しかもなんだかちょっとおとなしめ?
ラブライブに来てた子達と比較して)
だったのが、ちょっと居心地悪くてツラカッタです(^_^;

あ、ラブライブは我々が観に行ったんじゃなくて、
他の映画を観に行った時にかち合っただけですよ?

←原作第1巻。
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
有給取って(笑)、娘と映画に行ってきました。
今年はかなり映画行ってるなぁ。
昨年(娘の受験)の反動かなぁ?(^^;

面白かったです。
魔法生物が。

可愛かったです。
魔法生物が。

・・・そこか。そこなのか。
(私らしいでしょ?)

ニフラー可愛かったぁ〜。
ウチには要らないけど。

キャラがみんな大人なので、
ハリポタに比べたらグンと大人向けな話ですが、
今年見た映画の中では面白かった方だと思います。

う〜ん、一応1番は「君の名は。」で、
コレは2番目くらいかなぁ?

期待の割に残念だったのは、「アリス」の続編ですねw


 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
モンハン:金の卵、略して「きんた・・・!!」
言っちゃったよ!この子達言っちゃったよ!!(笑)

ガーグァの金の卵探し。
だからってその踊りは変過ぎる。
そういえば、ビックリさせると卵産むんだっけ。

でも、ゲームだと持ち帰るのが結構大変なのよね(^^;

卵を売ってしまったリュート。
が、実は卵そのものが欲しかったシュバル。
あらら、気持ちがすれ違い?
まぁでも、これはリュートも悪くないよね。

シュバル、卵を孵したかったのかと思ったら、
そう言う訳ではないのか。
リュートのためにスフレを・・・
って、ナビルーはやたらリュートを責めるけど、
これはやっぱりリュートも悪くないよ。

ひとり森に入ったリュート、
金の卵を見つけたと思ったら・・・

メラルー!!!可愛いぞメラルー!!!
ナビルーよりずっと可愛い!!!
けど、発音がずっと呼んでたのとは違うんだな(^^;
(我が家では下向き発音で呼んでた)

実は今日は、リュートがシュバルの家にやってきた日。
誕生日がわからないリュートの誕生日代わり。
だから、どうしても金の卵で作ったスフレを
食べさせてあげたかったんだな。

仲直りもしたし、ほのぼのラストで良かったですね。

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
前作に引き続き、娘と見てきました。

正直言って・・・ビミョ〜〜〜

音楽やセットは壮大ですごかったですが
(いや、音楽は全編大音響で、
もう少し強弱が欲しかったかも)、
シナリオが・・・ストーリーがイマイチでした。

「ふしぎの国のアリス」らしくないって
言ってしまうと、身も蓋も無いかしら(^д^;

アリスは前作より色艶が良くて健康そうだけど、
話の展開上仕方ないとはいえ、
マッドハッターがマッドハッターらしくない。
(というか、ジョニデらしくない)

白の女王も、特に前半、普通の人みたい。
前作は、普通っぽいのにどっか変で綺麗だったのに、
ほんとにただの“普通の人”っていう印象でした。

逆に、悪役かと思いきや、タイムさん良い人!!
そして気の毒な人(- -;)
パンフとかポスターとか、マッドハッターより
タイムさんをもっとメインに取り上げてよ!!(笑)

んで、ワタクシが一番熱い視線を送っていたのが・・・
はい、「アリス」と言えば“チェシャ猫”ですね〜♪
今回は時間を遡るお話なので、
ワンダーランドの住人達の若い頃も出てきまして。

仔猫チェシャがカワユス〜〜〜!!!
ちびチェシャが出てくるたびに、
映画館でジタジタしてしまったワタクシです。
(公開3週にもなると観客少なかったので、
周りの迷惑にはなってませんよ?)

かっこいい人、可愛い猫はいましたが、
全体的には少々不満の残る作品でした。
アリスとタイムさんの追いかけっこだけで充分。なんて。
後からよくよく考えてみれば、監督から違うのね。
印象が違うはずだわ。

まぁ、これは私の個人的な感想なので、
「すっごく良かったじゃない!何言ってんの!!」
って方がいらっしゃったとしても怒らないでくださいね(^^;


・・・・・・そういえば。
笑う場所じゃ無いのだと思うけど、
タイムさんが赤の女王に捕まってたシーン。
前作の赤の女王の“彼氏”がいませんでした?
娘は見逃してたらしいのですが。

なんて気の毒な・・・と思いつつ、プッw
一応前作ではメインキャラだったし、
「出てこないのかな?」ってチラッと思ったのですが。
ほんと、なんて気の毒な扱いなのでしょねw

アリスインワンダーランド


 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ