FC2ブログ
目次コメントで
「いなくなったおかげで2020年はいい感じの年に」
な〜んて書かれてしまっている五条悟(笑)

でも、メカ丸のお陰か?
今週は悲壮感もほとんど無く、楽しく読めました。
むしろ先週のが辛かった(^^;

そのメカ丸が虎杖の耳に張り付いたところから始まる今週。
いきなり馬鹿力で壊そうとする虎杖www
次のコマの冥さんはどちらが前(顔)かわかりにくい(笑)

五条の封印を告げるメカ丸。
真人に殺されたはずのメカ丸がどうして!?
という謎は一旦置いといて。

「おやすみ五条悟」
「オマエはそろそろ起きろよ 傑」
脳夏油って書こうと思ったけど、脳みそは傑じゃ無いんだよね(^^;
偽夏油が無難か?
作者がなんて呼んでるか判明するまでとりあえず「偽夏油」で。

偽夏油の言葉に、偽ではなく「親友」に語りかける五条。
すると、右手が偽夏油の首を絞め・・・!!

脳は無くても、その体はやはり「夏油傑」のもの。
魂は脳(この場合、思考とも言えるか?)だけのものではなく、
肉体にもちゃんと宿っている・・・って話かな?
だから今、「体」が五条の呼びかけに応えて偽物に抵抗しようと・・・。

ところで、「夏油」の顔が今週はますます厭らしくなってますね。
「傑」本人と描き分けてもいるのでしょーか?
真人がまだ「夏油」って呼ぶのが若干ややこしいですが。
(まぁ偽さんは本名=正体を教えてないかもですしね)

「おーい、やるならさっさとしてくれ」
五条センセ、何その顔(^_^;
そして五条悟は獄門疆の中へ。
嬉しそうだね、偽夏油&真人。
獄門疆は定員1名、中の人間が自分で死なない限り使用不可。

ん?ってことは外から五条を殺すことも不可能?
ただ封印しておくだけのシロモノ?

場面は戻って、メカ丸の話を聞く虎杖達。
あぁぁ、メカ丸はやはり死んでるのかぁぁぁ(T_T)
メカみわの儚い夢がぁぁぁ(号泣のため一寸休憩)。



残留思念でも無さそうですね。
三輪ちゃんとの再会はナシかしら?
虎杖からでもちゃんと伝えられると良いのだけど・・・。

ともあれ、この小さなメカ丸は幸吉が残した保険であり、
五条悟の封印とリンクしてるもの。
この時点でメカ丸の中では、虎杖はもちろん冥さんも
「もうひとりの内通者」としての可能性が低い・・・と。

内通者・・・誰なんだろね?
冥さん程度〜上なんだよね?(学長クラスだっけか)
学長も含めてみんなそれなりに愛着湧いてるから、
その上で・・・って考えると最近登場したばかりの
2学年担任なら・・・・・・消去法がひどい?(^_^;

ともあれ、バッタより強い呪詛師2人が冥さんを狙って
こちらに向かっているそうで。
無視して進むことを提案する冥さんだけど、
メカ丸の頼みにより彼の指示に従うことに。

そうか・・・やっぱり消えてしまうのかメカ丸・・・。

虎杖は駅に戻って地上から渋谷へ。
その間で術師全体に五条封印を伝え、奪還を目指す。
冥さんは、虎杖を逃して呪詛師の足止め。

「ところで君の口座はまだ凍結されていないね?」
「・・・エ?」
ここ好き。冥さん〜〜〜www
死人からも金を取るのか〜〜〜www
きっと全額持ってくよね?根こそぎ行くよね?www
おかげでますます悲壮感から遠い話に(笑)

呪詛師っつーから人らしいのが来るかと思ったら、
見た目(たぶん中身も)人間離れしたのが来た(^^;
ほんと今までどこで何してたんだコイツら。

「合わせるから」って言う冥さんかっこいい。
弟くんもコレ、結構戦えるってことね?

場面はまたまた変わって、呪霊サイド。
ポヤ〜ンとしている脹相と漏瑚。可愛い(笑)
偽夏油が話を進めようとすると、手の中の獄門疆がカタカタと。
次の瞬間、

ズンッ

床に落ちてめり込む獄門疆。
めっちゃ重くなった?アクティブ獄門疆ちゃんwww
中では骸骨に囲まれながらも余裕綽々の五条悟。まぁ素敵♪

「・・・ま なんとかなるか」
「期待してるよ皆」

封印されてもなんだか思ってたのと違いますねw
さすが最強五条悟。
全然焦燥も不安も感じられませんし。うん、私も感じない。

みんなの頑張り&成長に期待しながら、
私も暖かな目で見守りたいと思います^ ^

(あぁ〜長い長いw)

ジャンプ本誌感想は別日記にて。

週刊少年ジャンプ20年8号 集英社 2020年1月20日発売
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

スポンサーサイト



まずは今朝の猫達から行きましょうかね。

どりナミちよ
波助(茶トラ)&どりあ(三毛)に、千代助(白)追加。
絵面が昨日とほぼ同じような?
けど、昼間の猫達なんて寝てばっかですからね。
(夜もですが)
他に撮れるものが無いです。ははははは・・・。

さて、昨日は半日じっくり春の新刊発行に向けて
修正やら校正やら作業を進めた訳ですが。

pixivで発表済みの話は全て、横書きから縦書きへと
原稿の状態に直して、中身もあれこれ修正いたしました。

やっぱり原作で五条悟と夏油傑の過去編があったのが大きくて、
大きな変更は無かったもののちまちまとした修正は多々ありました。
学生悟くんの一人称は違和感無い程度に直しましたよ。
過去編前に発行した2冊分の言い訳も込めて(^^;

全体の構成上、雰囲気を(自分としては)大幅に変更した話も。
そして今朝、書き下ろし分を書き上げて、文字原稿は全部出揃いました。
発表済み10本+書き下ろし1本の、合計11話収録、
B6・88ページの本になる予定です(前作より8ページ増えた!)。

下書き
こちらは、ちょっと前にTwitterにも載せた表紙下書き。
この二人は並ばなくて、表紙と裏表紙に別々に配置されます。
しかも実際にはかなり小さくなっちゃうので、
今のうちに大きいものを(笑)

毎日ちょこちょこと何かしら作業するだろうけど、
次は金曜日にゆっくり絵に取り組めたらいいな〜と思ってます。

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
・・・ってサブタイの割には原画展の写真ありませんが。

12/27に行ってきました、呪術廻戦複製原画展in渋谷。
前日が入場制限で午後からじゃ全然入れないと聞いて
諦めていたのですが、お昼に娘とハチ公前で待ち合わせ。
午後3時?いや3時半だっけ?からフリー入場になるって
情報が入ったので待ちました。

原画展1
現場です。メインキャラ4人の等身大パネルが素敵♪

時間潰しに、娘の用事に付き合ってパルコへ。
娘の目当ては初音ミクだったのですが、私は興味なし(^^;

ミュウツー
ミクよりこっちのが好き〜♪
ポケモンセンターにいたミュウツー。想像よりデカイ。

悟空
こっちはジャンプショップ前にいた悟空。
原画展との連動企画があったのに、
呪術廻戦グッズがひとつも無くてガッカリ。
(これは絶対に企画倒れですよね。
原画展でのグッズ販売もそうだけど、見込み数が甘過ぎです!!)
←まだ怒ってるwww

原画展2
再び原画展会場に戻って、身長差のサンプルにと娘とパチリ。
娘の身長が大体164cm。五条悟は190オーバーだそうだけど・・・。
夏油の身長は180ちょい?

原画展でも撮影OKのものを色々撮りましたが、
現場で見たいという方のためにここでは省略。

会場を出て、原作で五条悟が通った辺り、
いわゆる聖地と呼ばれる場所へ・・・

ルッチ
向かう途中見つけた、ワンピのロブ・ルッチ。
何のポスターだかよくわからないのにパシャリ(笑)

こんな感じで、ほぼ原画展関係無い写真ばかりのまま
次回冬コミ編に続く(^_^;

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
2号連続第2弾のセンターカラーは、
これまたいつもと雰囲気の違う夏油傑。

何、この表情!?パパ黒みたいな。
過去編や0巻の夏油傑ならこんな顔しないでしょ?
煽るような変顔はこれまでにも色々あったけど。
それに指先から出てるのは額の傷跡?頭上に天使の輪っか?
一体何なの?

と、初っ端から違和感のあった今回の扉絵。
その答えは本編の中にありました。泣いたよ・・・。

土曜日にこれ(とハイキュー)は読んでたんですけどね。
2日経ってその間に色々考えて、今はだいぶ落ち着いています。
そっか、そういうことなのか。
むしろ扉絵からこの顔で読者まで煽ってくれて良かった。うん。

まぁいつも通りに順を追って行きましょうか。

麻雀に興じる夏油&呪霊トリオ。
獄門疆について夏油がレクチャーしています。
本編2ページ目の夏油の額に傷が無い!!
これはきっと単純に書き忘れでしょーね(^^;
じゃないと、この後の話と繋がらない。

まぁ1分間の使用条件についてはここではスルーとして。

開門された獄門疆。
ん???4つに分かれた。真ん中に目???
思ってたのとなんか違う(^^;
ヤバイと感じて咄嗟に動こうとしたんだろか、五条の足?

が。
「や、悟。久しいね」
そこに現れた夏油傑。

>夏油と五条の再会はあるか?
前回感想で書いた疑問のうちのひとつ。
再会、ありました。それも0巻と同じセリフで。

けれど、五条の反応は・・・
その目・六眼は目の前の「夏油傑」を本物だと認定。
五条の脳内に溢れ出す「3年間の青い春」。

うッうッ、その「青い春」を私は書き続けているんだよ(T_T)
これまでも0巻での別れを思うたびに泣きながら書いてたけど、
今後はもっともっと泣くと思う。いや、既に泣いている。

ってか、これ、走馬灯!?!?!?

次の瞬間、獄門疆に囚われる五条の体。
本人も「詰みか」って。そんなに強力なのか獄門疆。

「で、誰だよオマエ」
「この六眼(め)に写る情報はオマエを夏油傑だと言っている」
「だが俺の魂がそれを否定してんだよ」

思わず「俺」と口にする五条。

>そもそもこの夏油は0巻で五条が祓った夏油なのか!?
どうやら夏油ではある模様。でも、夏油では無いらしい。
親友・五条悟の「魂」が否定するんだからね。

っていうか、悟。
どんだけ傑が好きなの(号泣)。

「心から笑えなかった」と言われても、
「ただ一人の親友」だと答えた五条悟。
その彼が、こんな形で「夏油傑」と再会させられて、
一体どれだけ傷ついたことか・・・。
(あの性格だから表には出さないだろうけど、
五条悟に“心”が無い訳じゃないと思うんだよね)

そして開いた次のページ。衝撃映像。
「キッショ。なんで分かるんだよ」
そう言いながら額の傷をスー・・・と開くと・・・

ギャ〜ア〜〜〜〜〜〜ッッッ!!!!
頭部が開いて脳がッッッ脳がッッッッッ!!!!!

いやもう今回、言われてみれば確かに全然夏油傑じゃないよ。
ほんとパパ黒の方が近いくらい。誰だよオマエ!!!
んで、そう考えると、「呪術廻戦」の「夏油傑」が
0巻や過去編の夏油傑じゃ無かったってことに
ホッとしたというか。←初見から2日経ったから言えることだけど。

変な話、私が好きなのって過去編=学生傑だからね(^^;
(0巻ラストの死にかけ夏油も好きだけど)

術式を解説する偽夏油。脳を入れ替えて肉体を移動できるそうな。
キッショ!!!気色悪いのはオマエじゃ〜〜〜!!!
けど、

>“祓った”だけで案外夏油の体は残されてたり・・・は?
案の定夏油傑の「体」は残っていたんですね。
私が考えていたのとはちょっと違う形でしたが。
(自分の小説でも使ってる設定だけど、私は五条自身が
「殺さなかった」もしくは「何らかの処置をした」?
可能性も考えていたので)

それにしても見れば見るほどキショい、脳みそ夏油。
こいつの言う目的とは?正体(呪詛師)は誰?
「私」な一人称と喋り方は夏油のコピーじゃなくて
コイツ本来のものかしら?

めっちゃ危機的状況なのに、鼻で笑う五条。
自分の代わりは乙骨が果たす・・・ってとこかな。
期待されてるじゃないか、乙骨憂太!出番はもうすぐ!?
いや、でも、それじゃますます虎杖の主人公としての存在感が(^^;

「はっ」と我に返る真人がちょっと可愛い。ヨダレヨダレw

「おやすみ五条悟。新しい世界でまた会おう」
あぁぁ、五条悟が封印される〜〜〜ッ!
ここからしばらく不在で話が進むのか?寂しい〜〜〜!!!
(何を呑気な)
でも、きっと100年も1000年も経たないうちに乙骨か誰かが
封印を解いてくれる・・・と信じたい。ねぇ?

一方、主人公・虎杖。
その耳に・・・え!?メカ丸!?!?!?
これ、めっちゃ期待させといて突き落とされるパターン?
一昨日は単純に喜んだんだけどさ、ワタシ。

真人に殺されたと見せかけて、実はどうにかして生き残っていた
(本体は潰されたけどメカに意識を移したとか何とか)
ってのがそこそこありそう?無い?
本体が生き残っていればそれが1番嬉しいのだけど。
それか残留思念?残留思念でもいいから三輪ちゃんと一目・・・。

嫌なのはこれすらも脳夏油や呪霊連中の罠だってやつ。
そこまで突き落とさないでくれ〜〜〜!!!

あ・・・「誰ッ!?」で終わらそうとしてたのに
やたらと長くなったな。
やっぱり今年もこんなテンションで続いていくようです、コレ。

ジャンプ本誌感想は別日記にて。

週刊少年ジャンプ20年6・7合併号 集英社 2020年1月4日発売
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
娘、短い帰省を終え本日大阪に戻りました。

朝からバッチリ寝坊して、
出発時刻を1時間遅れましたけどね〜(笑)
(指定席じゃ無いので大丈夫)

スーツケースにいっぱい荷物詰めたけど、
結局27日に原画展で購入したコミックス中心に
重い&場所取る・・・で持ち帰れなかったものがあるので、
後から送ってやらねばです。

長野駅まで車で送って、そのままTSUTAYAへ。
呪術廻戦コミックス新刊に購入特典が付くので、
2冊ずつ買って無事・・・では無いけど特典ゲット。
1冊ずつ娘への荷物に入れてやります。

んで、その特典なんですけど。
Twitterでも書いたけど、長野市内の某店舗で
朝一番で購入した皆さん。
特典、封入されてませんよ〜!!!

ダンナ曰く、よく前もって封入してあるそうなんですが、
触った感じ入ってなさそうだったんで
有人レジで店員さんに調べてもらったんですね。
そしたら案の定入ってませんでした。

さらに、レジ内の特典置き場にも置いてなくて、
裏の倉庫を探してようやく見つけてきたという・・・。
店員さん達の間でも特典のあることが周知されてなかったので、
有人レジに並んで自分から申し出なきゃダメです!
特典欲しい方は間違っても無人レジ使わないでね(^^;

ジャンプも買ってきましたが、
今日からは普通に出勤なのでまだ呪術廻戦しか読めてません。
というか、呪術読んでしまいました。
ショックで死んでます・・・ち〜ん(>_<)

感想は月曜日に書きますが、呪術に一言だけ。

いいですか!
私がこれまで書いた大人夏油&五条は全部
「ifの世界」ですからねッッッ!!!
「ごはん」の方は0巻前、「Take2」は生存ルートですからッ!
本編とは全く違う道を歩んでラブラブハッピーな親友達の話ですからッッッ!!!

あぁぁぁぁッッッ!!!もうッッッ!!!

たぶん月曜日は感想書きながらもっと叫ぶと思います。
どうぞご注意くださいませ。
ではッ。

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ