FC2ブログ
表紙・巻頭は、アニメ放映開始の「エグゼロス」。
スミマセン、最初のメンバー以外が増え始めてから、
キャラ覚えられなくてほぼ読んでない・・・。
今週のWJの出張版は読みましたが、
この程度のイチャイチャだった頃が懐かしい・・・。

「新テニプリ」:あ、やっぱり。幸村優勢と見せかけて、
手塚が勝つんだなきっと。ってか、絶対中学生に見えん。

「青エク」:志摩くんのセリフがいちいちなんか面白いw
「お兄ちゃんと兄弟ゲンカが始まっちゃってます」www

「二重探偵」:センターカラー。
「オレ」くん、すごい運動神経!そして頭脳!!
思わず応援しちゃった(笑)ハズした時の君乃さんの顔も笑った。

読切「吸血鬼の棲む街」:センターカラー。
「有害指定」のくろは先生。吸血鬼可愛い。普通に良い話でした。

「双星」:センターカラー。人気投票1位は清弦さんですか。
私も結構好きです。見た目がいつまでもお若い!
5位までのメンツも当然って感じだけど、
2位が天馬で3位が紅緒・・・しゅごい!!!

本編。あらら、紅緒ってば怖い告白を。
案の定膳所の二人が・・・ってか、この二人感じ悪〜い(="=)
どっちが式神?着物と見せかけてスーツの方?

「ギャザリング」:グロい〜〜〜ッ!!!
詠子はこれでもまだ懲りないんだろうな。喉元過ぎれば・・・。

「モリアーティ」:センターカラー。
本気で怒ってくれるジョンが素敵。反省しろシャーロックw
その点、ウィリアムの方にはこういう人がいないんじゃ?と思ったり。
唯一口出ししようとしたルイスも封じられたし。

「Thisコミュ」:「30分目を離しただけなのに」www
デルウハが1番の問題児。彼女達、親がいたのか。そりゃそうか。

「怪物事変」:センターカラー。夏っぽい〜♪
でもまだ現実はジメジメの梅雨・・・。
本編。飯生相変わらずの怖さ。絶対に関わりたく無い。
全吉と伊予姫の両親登場。え?なんか組み合わせが???
ご夫婦ごとに並んでくださいよ(^_^;

「この音」:晶さんとこのお婆ちゃんも百谷くんも、
この作品ってどんどん変わっていくんだよねぇ。丸くなった。
由永くんもこれ、変わるよね?

「るろ剣」:観柳の面の皮の厚さ(笑)←微妙に褒めてる。
似てると言われた阿爛はちょっと気の毒。

小説「るろ剣」:今回、文字数がページギリギリですね。
薫と弥彦の師弟関係は素敵だけど、薫だってこの時点では
登場人物の中ではまだ年下側な気がするのよね。

「セラフ」:フェリド真っ二つ(@@;)
クローリーってばフェリドに振り回されてるな〜楽しい。
って、最後はフェリド、生首だ〜!!

「プラチナ」:博士がいい加減ウザい。ナッセは死んじゃうの?

「カワイスギ」:猫の入浴は大騒動(= =;)
大鳴きするけどすんなり洗える子もいれば、
静かなのに大暴れしたり、拭かせてくれない子もいる。
ウチはドライヤーは絶対無理。
カピバラ温泉は確かに癒されるけど、30分もすると
温泉表面に黒い物体がプカ〜リプカ〜リ(^_^;

「第9砂漠」:お父さんの素顔が見たい。
お母さんはともかく、初代さんなんてもう知人いないだろうに。

「Dear CALL」:十返さんが女性だった!!!しかも若い!!!
てっきり髭蓄えた爺さんが出てくるかと・・・ゲフンゲフン。
姓と名があるキャラって初めて?だっけ?日系かしら。

メグサス先生の出番が増えてるのは嬉しいけれど、
首が・・・太い・・・長い・・・バランスがちょっと・・・。
若かりし頃はポニテだったんですか!?好き!!!
過去話とかもっと見たいよね〜、それくらい続くと良いのだけど。

凛道サンは先生&十返女史と同期・・・どころか、
毎度言ってる気もするけど大人キャラに見えない(^^;

ヒネトとRはめちゃくちゃ仲悪いな。
一方的にRが突っかかってるようにも見えるけど。
でも、そんなRにも物怖じせず絡んでいくサンソがかわゆす。
おにぎり・・・いや、その作り方ってwww
Rもサンソとなら(そこそこ)仲良くなりそうかな?

扉絵でポーズ取るくらいには協調性ありそうだし、ヒネトも(笑)

んで、レイさん、好みの美人さんなのに・・・死・・・嫌(T_T)

今月は「ワートリ」がお休みです。
あとはいつも同様、読んだり読まなかったりです。

次号は、表紙が「るろ剣」で巻頭が「新テニプリ」。
ギャグびらき第3弾には、斉木楠雄の麻生先生と
いぬまるだしの大石先生が登場です。

ジャンプSQ.2020年8月号 集英社 2020年7月4日発売


 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト



娘の学校の書類に不備があったとか何とかで親の印鑑も必要で、
しかも届いて〆切まで1週間・・・大阪→長野を往復!
今日は雨の中、てくてく歩いて速達を出しに郵便局まで行ってきました。
いつもジャンプ&スピリッツを購入するコンビニの、
さらに向こうへプルスウルトラ!!ですよ(意味不明)。

雨、嫌だわ〜。せめて自転車使いたい。
ウン十年間ゴールド免許(要するにペーパー)の私です。
ダンナには「返納しても一緒」とまで言われてるorz

さて、前号が土曜発売だったので少し間の開いたジャンプ。
いつもの感想行きましょう。

表紙・巻頭は新連載「僕とロボコ」。
表紙はこの作者版・連載作品の主人公勢揃いですか(^^;
一見誰だか分かりづらいのもいるよ〜。
「お約束のネバーランド」の作者さんか、ちょい苦手な絵かな。
のび太とスネ夫とジャイアン?ロボコ怖い。
私より役に立たない家政婦ロボって・・・(え?)。

「ワンピ」:扉絵、父親似(笑)
本編。え、ヤマトは“娘”!?こっちは親に似てない美人さん。
ローの出番が嬉しい。ペンギン・ベポ・シャチも一緒?わ〜い。

「ヒロアカ」:目ぇ開けっ放しはツライなぁ。
私もドライアイだから・・・これは無理(^^;
デクも心配だけど戦力(イレイザーの防御)増えたのは嬉しい。
一方で、ギガントvsMt.レディ!?いやいやいや!大丈夫?

「Dr.STONE」:石化前後アメリカ版。
ゼノとスタンも元々知人だったんですね。ってかこの構図w
スタゼノ?ゼノスタ?どっちでもいいけど薄い本出そうw
(私は作りません)
しっかし、改めてウン千年意識を・・・って驚異的ですね。

「モリキング」:ペットコンテストっつー名前が悪いね、コレ。
犬以外出場してなさそうじゃん。競技内容も。

「排球」:横断幕演出がかっこいい。
赤葦クンの「ウチのエースを見てくれ」も好き。
次号から2号連続カラーか〜。試合そろそろ終わるかな?
連載まで終わられちゃうと、連載作品の層の薄さが心配だけど。

「ニライカナイ」:センターカラー。
どうやら海洋コメディらしい(笑)
イルカの次はタコか〜、しかもキモイ。先が読めんな〜(^^;

「マッシュル」:みんな、すっかり仲良しで。
ドットの性格も完全に把握されてますね。

「トライアングル」:ルンだ〜。じいちゃん、ルンのファンか。
つか、数年前(回想)との顔面の差がwww

読切「エグゼロス」:センターカラー。SQ.からの出張版。
SQ.はキャラがどんどん増えてから読んでないのよね。
他もそうだけど、ハーレム展開苦手なので。

「マグちゃん」:熊手に苦戦する破壊神と混沌の神www
ぽてっってwww緩過ぎる〜〜〜(≧∀≦)

「アクタージュ」:センターカラー。
整形・・・しなくても十分似てる(そうじゃない)。
うん、やっぱり3人のスケジュールが気になる。

「呪術廻戦」:感想は別記事にて。コチラをどうぞ。

「ブラクロ」:牙突かと思った。あ、バラバラ。
先週まで暗い展開だったけど、これには笑ってしまったw

「タイパラ」:そうね、話は自分で考えなさい。
砂鉄?さんお喋りだなぁ。ここまで喋れば結構親切じゃない?
ルート144は何の数字?意味が無いってことは無いと思うけど。

「アンデラ」:ふ、風子が首斬った〜!!!思い切ったことを。
眼帯、そこそこイケメンなんだけど、顎ゴンされて血噴いてるしw

「夜桜さん」:長男怖ぇぇぇ。最強(最恐?)やね。

「チェンソー」:この大量の名前はどこから持ってきたの。
んで、今度こそアキくん死亡か。

「ぼく勉」:ふ、ふ〜ん。告白断ったのか。ふ〜ん。(そりゃそうだけど)
はっきりしっかり両片思いルートなんだ。ふ〜ん。

「ボーン」:侍侍ってうるさい。これ語尾なのか。
白羅が突っ込んだパンは弁償しなくていいの?誰か買う?
(私なら買わない)

「ミタマ」:部外者多過ぎ。愛されてる・・・のか?(^_^;

「アグラビ」:クリス変わらねぇwww
チビサガは可愛い。無茶苦茶だけど。
掲載位置がねぇ・・・面白いけど今一つ決め手に欠けるんだろなぁ。

次号は「ハイキュー」が表紙&巻頭。
ふとめくれば、青キジ瞬間凍結スプレー???青キジ・・・(- -;)

週刊少年ジャンプ20年31号 集英社 2020年7月6日発売

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
今日が休配日とやらで土曜日発売だったジャンプ。
2日遅れなので簡単に。

表紙・巻頭は新連載「灼熱のニライカナイ」。
「べるぜ」「マリー」の田村先生お帰りなさい。
本編。イルカッ!!!
背中とシャツの関係が知りたい。
・・・って数号前にも何かで言ったな。
なかなか面白かったです流石!これ、好きかも。

「ヒロアカ」:平和な日常を送ってる家族のコマがなぁ・・・
自分が親の立場なのでしみじみしてしまう。
脳無の出現に口ポカンのデク・爆豪・グラントリノwww
イレイザーーーッッッ!!!死にそう(T_T)でも死なないで!!!

「排球」:やっぱり月島兄と田中姉のツーショットが気になるw

「マグちゃん」:センターカラー。
マグちゃん可愛い♪食い過ぎであふれでるって・・・
ん?もしかして爆裂ビームって◯んこ???

「アクタージュ」:共同生活はいい案かもだけど(漫画的にも)、
そんなに暇なのこの人達?

「タイパラ」:訃報・・・(T_T)
今月、リアルで大好きな人の訃報を知ったばかりだから、
このページで一瞬息止まったわ。悲しい。
え〜と、本編?本編は、自分で考えて描けよ。漫画家だろ?としか。

「Dr.STONE」:センターカラー。
千空とゼノの過去。出会ってたのね〜。ゼノさんてば童顔。
なのに、中身はめっちゃブラックですねw
そう言えば千空と父の関係・・・本誌以外のどっかで明かされました?
(親子になった経緯とか)

「トライアングル」:猫ちゃんwww(なんでもいーのかッ)
女の子同士もいけそうなヒロイン・・・(^^;

「モリキング」:何その名前ッ。ゲームキャラかッ。
オオムラさんやムラサキさんでいいじゃんッ。

「マッシュル」:センターカラー。
シュー子ちゃん・・・早々にグッズ化されそう。
最後のマッシュの横顔、かっこいいですね。

「ボーン」:扉絵から無理・・・。
妖怪がフーフーした牛乳って・・・。(というか、ただのポ◯モン)

「呪術廻戦」:センターカラー。感想は別記事にて。コチラをどうぞ。

「ブラクロ」:あらら、ロロペチカ連れてかれちゃった?

「夜桜さん」:オリジナルスパイの募集やるくらいだから
もうしばらくは連載大丈夫そう・・・です・・かね?(不安)
本編。月1更新はめんどくさいな。

「アンデラ」:服高っけ〜〜ッ!!!
「大事にしやす」と言いつついきなり手袋放り投げるあたり(^^;
アンディのエスコートは素敵過ぎる。
あ、靴も捨てたのか。10万!!!

「チェンソー」:あ〜、やっぱりマキマも悪魔か〜。

「アグラビ」:ゲラルト崩壊回。今までで1番面白くな・・・
ゲフンゲフン。個人的に合わない回だった。

「ミタマ」:こっちも・・・う〜む。いつまでこの姿?

「ぼく勉」:440ページのルート図、今回で一気に合格発表まで
進んでしまいましたね。前二人に比べると話自体もイマイチ。
ここから盛り上げてくるのかな?

今週は「ワンピ」がお休みです。

次号は、新連載「僕とロボコ」が表紙&巻頭。
絵は苦手なタイプなので、話次第ですね〜。
SQ.から、7月からアニメ放映の「エグゼロス」も出張掲載。
でも、これ、途中から読んでないんだよね(^_^;

週刊少年ジャンプ20年30号 集英社 2020年6月27日発売
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
安定の大遅刻スクエア感想です。
先週、途中まで書きかけていたのですが、
1番好きなバンドのギタリスト・YOUちゃんの訃報が飛び込んできて、
もうそれどころじゃ無くなってしまいました。

1週間経つけど、まだ信じられないです。
でも、ブログもTwitterも全然更新されなくて(当たり前だけど)。
やっぱりもういないんだなぁ・・・と、
何度も見に行っては再確認しています(T_T)

では、本題へ。

表紙・巻頭は「青エク」。
子猫丸と志摩くんのやり取り、今は一応敵同士なのに
なんだかホッとしてしまった。友達は友達なのね。
燐と雪男の兄弟対決も確かにツッコミどころ多くて(笑)
ってか、燐色々ボロボロwww

「怪物事変」:去りゆく炉薔薇。すっかり毒気抜かれて、
「俺夏羽クンのこと好きだし」って、また夏羽ファン増えた。
炉薔薇、ほんっと良い奴になった。そんなにひなたが好きか。
ぜひ地獄(あの世)で再会して欲しい・・・けど、
その前にしっかり生き抜いて欲しいと思う。
んで、野火丸・・・謎だ。ほんとのほんとはこの子も良い奴なのか?

「ワートリ」:センターカラーは那須隊。学校の制服姿!!
なんだか新鮮(笑)この子達もまだ学生なのねぇ、しみじみ。
(約1名似合ってない気のする子もw)
本編。その那須隊他が戦うもう一つの最終戦。
奈良坂くんって那須さんの従弟だったんだ。
宇佐美+米屋もといい、血縁関係結構いるのかもねぇ。
んで、この作品もついに下書き状態・・・。背景は入ってるのに。
デジタルだと背景はバッチリなのに人物が・・・っていう
こういう状態になるのねぇ。もったいない。コミックスに期待。

「Thisコミュ」:エスペラント語・・・なんだ。
現実、誰が使ってるんだろアレ。
神父様は日本人?むつちゃん可愛い。デルウハやっぱり怖い。

「この音」:来栖嬢とさとわ、いいなぁ。可愛い。
来栖嬢にはしっかりさとわの恋の相手が久遠だってバレてるのに、
さとわが否定したりごまかしたりしないところもなんか良き。
気付いてないだけかもだけど、さとわw

「セラフ」:センターカラー。
フェリド、割と好き。クローリーは衣装がなんかイヤ(えΣ)。
怖いの来ちゃったけど大丈夫かなぁ?

「二重探偵」:ん?二重人格?タイトルそのまんまに。
ってか、そういう意味のタイトルだったんか。

「るろ剣」:ガトーリング・・・ガトリング・・・お前かーーーッ!!!
まさか武田観柳が登場するとはッ!!!
扉絵が凄過ぎ。もう笑うしか無い。いや〜懐かしい〜。はっはっは。

小説「るろ剣」:確かに当時は現代みたいな産院は無かったろうから、
恵の滞在は心強いですよね。産婆経験がどれくらいあるかは知らんけど。

「ギャザリング」:センターカラー。
今回も言う。やっぱり詠子が一番怖い。何、怖い真っ只中に入りたいの?

「第9砂漠」:うわぁぁ、マオの左腕がぁぁぁ!

「新テニプリ」:いや、でもこれ、手塚が負けることは無い気が。

「Dear CALL」:センターカラーは今回選ばれた5人。
本編。同級生は特別任務に、担任までそれに同行してしまって、
ガックリしている他の生徒たち。まだ全員名前覚えられん(- -;)
テラスもしょんぼりしてるけど、連載さえ続けば
この子も何かやってくれるんじゃないかと期待してるのよね。

一方、その頃の特別任務御一行様。
ナチュラルにテラスの名を呼んでしまい、寂しがるロギー。
サンソの溶けたチョコを受け取るあたり、素直な良い子w

フクロウ?顔したでっかい鳥に乗り運ばれてきたのは、危険区域の端っこ。
黒魂の対処の仕方でヒネトとRの性格の違いがわかったような。
廃棄された街にいた人々をためらいなく助けに行くサンソも、
いかにも主人公らしい性格。ヒネトとの対比がわかりやすいですね。

最後は結局召喚獣で一路オノガミ支部へ。どんな人達がいるのかな?
お酒でメグサス先生を動かせる相手・・・ふふふ先生可愛いw

「モリアーティ」:7ページも喋り続ける脅迫王(^^;
シャーロックは推理が当たって楽しそうね。
逆にウィリアムがほとんど喋らないのがちょっと残念。
もう少し二人で語り合って欲しかった
(シャーロックの一方通行じゃなく)。

「カワイスギ」:ネコ科動物は大きくても可愛いよねぇ〜。
ライオンやトラの腹出しゴロリンとか。わかるわぁ〜!!
教育系番組もこれくらい食いつき良かったら、
ほんと制作さん達喜びそうです。
そして、子猫の可愛さも!ウチのどり達の子猫時代もヤバかった!

「プラチナ」:この子らまだ15歳だったんだ!!!
今月のスクエアで1番の衝撃がコレかもしれない(^_^;
そうか、まだ15なのか・・・見えない。

今月は「双星」がお休みです。
あとはいつも同様、読んだり読まなかったりです。

次号は、発売日前日よりアニメ放映の「エグゼロス」が表紙・巻頭。
ギャグびらき第2弾には、「有害指定」のくろは先生も登場。
あれ、割と好きだったので楽しみです。

ジャンプSQ.2020年7月号 集英社 2020年6月4日発売


 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
ここ数日のあれこれですっかり忘れていたのですが、
前回から4週が経ったのでいつもの病院に行ってきました。

私の前には少なくてスムーズに診察になりましたが、
後から続々やってきて久し振りに座席がいっぱいに。
(皆さん一人分ずつ席を開けるように座ってたので余計にですが)
もう少し気付くのが遅れたら“密”に巻き込まれたかも(^^;

酸素濃度だの血液検査だのリモートじゃ無理なものもあり、
持病があると定期的に通院せねばなのがしんどいですね。

ま、血中酸素濃度?が状態良しだと、新型コロナによる
肺炎の可能性も低そうなのが確かめられて良い面もありますが。

では、恒例のジャンプ感想を。

表紙・巻頭は新連載「破壊神マグちゃん」。
溺れてるッ!いきなり溺れる破壊神www
あ、なんかこの子可愛い。マグちゃん。飼いた・・・くはないけど。
納豆食わせてみたい。完全にペット感覚www

「排球」:ウシワカvs日向、日向の防御成功ってとこ。
みんなの表情と濁点付いた「にゃぁぁっっし」と、
武田先生の真摯な言葉がとても良き♪

「ワンピ」:サンジの信用度が(^^;;;
カイドウの息子ヤマト登場、デカくてわからないけど何歳くらい?
もしかして結構いい奴?

「トライアングル」:センターカラー。みんなどう略してます?
ラブコメじゃなくて“あやかしファンタジー”なの?
本編。よだれ垂らした猫ちゃんかわゆす。
女の子キャラ増えたけど、ハーレムにならなきゃそれでいい。
(ハーレム展開苦手や〜)

「Dr.STONE」:何百時間も待つの、スタンさん?怖えぇぇ。
ソフトを食べるルーナの表情、前にもありましたね。わたがしで。
スイーツには負けちゃうよねぇ・・それもこんな世界じゃ。
「科学の師匠」ここまで言ったらこっちが科学者ってバレそうw

「ボーン」:イケメンやった。
カザミも決め顔はかっこいいのになぁ。全体に絵がなぁ・・・。

「呪術廻戦」:センターカラー。感想は別記事にて。コチラをどうぞ。

「タイパラ」:時間経つの早いね、もう1年。
その間、誰も電子レンジ見てないの?捨てろって言われそう。

「アンデラ」:イチャイチャが過ぎる(笑)
これくらいの糖度大好き。降ってきたタチアナもかわゆす。

「ぼく勉」:センターカラー。
やっぱり見た目だと文乃嬢好みなんだよなぁ。
本編。出血するほど硬いチョコってどうなの・・・(@@;)

「モリキング」:ゴキブリって言っちゃったッッッ!!!

「マッシュル」:マッシュ、服の着脱が速い(えΣ)。

「ミタマ」:ハマンは確かにキツいなぁ、学校に来ないで。

「チェンソー」:マキマが怖過ぎ。この人自身が悪魔でも驚かない。

「アクタージュ」:煽り魔環(^^;
イメージ的には篠原涼子みたいな?10年くらい前の。

「ブラクロ」:怒りのノエル嬢怖い(^^;まぁ暴牛だし。

「アグラビ」:どこまで行ってもサガの主人公感がナイ(笑)
あ、でも付き合うのに一番向いてそうなのはサガかも。
これ、いつクリスの誤解が解けるの?最終回までこのまま?
んで、ルオくん、それ海苔弁?

「魔女の守人」:最終回。まぁ順当と言うか(^^;
そして、やっぱり服装のセンスが謎だわ。

「夜桜さん」:堪忍(我慢・耐え忍ぶ)じゃなくて
観念(諦める)じゃね?←六美のセリフ。

今週は「ヒロアカ」がお休みです。

次号は、新連載「灼熱のニライカナイ」が表紙&巻頭。
「べるぜ」「マリー」の田村先生再々登場。
ん?発売日が6/27の土曜日?スピリッツもだ。
え、その次の月曜って何の日???

週刊少年ジャンプ20年29号 集英社 2020年6月22日発売
 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ