昨日の日記でも書きましたが、高2の娘、
ビブリオバトルの大会に初参加してきました。

高校生の大会で、17名が出場。
好きな本を持ち寄り、聞き手が「読みたくなる」ように
本の紹介をして、投票で1位を決めるというものです。

投票の際、発表者の関係者は発表者には入れられないので、
私とダンナも娘には投票できず。というルールもあります。

さて、予選。
4ブロックに分かれて、娘は発表者5人の組の4番目で登場。
かるた部専念で半年で辞めたとはいえ、元放送部所属。
現役放送部員にも協力してもらって発声等練習したそうで、
他のブロックも含めた中でも喋り方と発声は
1番聴きやすかったと思います(親の欲目を除いても)。

出だしも好調、こんなにはっきりと喋れるんだ〜!と
感心したのもつかの間。
発表時間5分の半分辺りで突然失速。ひゅ〜んんん。
緊張し過ぎて発表内容が頭から消えてしまったそうで、
後半はモタモタごちゃごちゃ。

原稿出来上がったのも前日だものね。
明らかに準備&練習不足。という出来でした。あらら。

投票も、5人の中では2番目?3番目?くらいの
得票をいただいたものの(たぶん前半の出来栄えの賜物)、
残念ながら決勝進出ならず。
来年受験生だけどリベンジする?色々勉強になったよね?
ってことで、再挑戦を目指す・・・んだと思います。たぶん(^^;

まぁ、初出場にしてはよくやった方かと。
あと、娘の高校からはウチの子ひとりの参加だったのですが、
複数名参加している高校は、今回の開催会場校だったり、
授業でビブリオバトルを取り上げてて校内で選ばれて、
学校代表として出てきてたりだそうで。

娘の高校は、まだ「ビブリオバトル?何それ?」な状態。
指導者もおらず、ポスター見ただけで参加した娘は
他校生にも珍しがられてました(笑)

「本以外の持ち込み禁止」っていうルールを読んで、
素直に原稿もある程度暗記して臨んだら、
他校は原稿やメモをちゃっかり本に貼り付けてたっつーね(^^;

そんなことすら知らずに挑んだ、今回の大会。
娘は最初の一歩を踏み出したばかりというか、改善点は山盛り。
これから図書館司書の先生等に働きかけて、
自分の学校でもビブリオバトルの知名度を上げていきたい!
と意気込んでいる娘なのでした。

さて、次は日曜日。
今度はかるたの個人戦出場です。
長野県内で初の全国大会開催で出場者めっちゃ多いようなんですが、
一応こっちが本業?ですししっかり頑張ってもらいましょp(^_^)q

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
娘、本日、ビブリオバトルに参戦しに行きます。

ビブリオバトルってご存知ですか?
簡単に言うと、お勧めしたい本を持ち合って紹介合戦をし、
「読んでみたい!」という支持を多く集めた人が勝ち!
という大会です。今回は長野の高校生が集まるのね。

娘、以前からソレをネタにした小説のファンで、
影響を受けて「やりたい!」って言ってたんですよ。
今回ちょうど松本で開催されるっことで、初参戦です。

はてさて、どうなるやら?

結果は後日、お知らせしますね。
ギリギリまで題材にする本選びに難航し、
原稿ができたのも前日の昨日なので、
あんまり期待はしておりません(^^;
とりあえず雰囲気を感じてくるってとこかな。

あ、ちなみに本番では原稿やメモの持ち込みは禁止で、
題材にした本1冊だけを手に5分間喋るそうな。
う〜ん、難しそう。

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
ちよ
白くない白猫(^^;
鼻の頭が黒くなった千代助。

家の中の一体どこで汚してきたんでしょ?

 にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ